フルートの試奏、選び方

フルートの試奏、選び方 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2010/10/31(日)
フルートを試奏するときの私なりのポイント。

1.周りを気にせず緊張しないで、なるべくいつもの練習時と同じ吹き方で。
   とはいうものの、ちょっと気になりますよ~。
   なのでなるべく個室にこもれるようなところで、人が少ないときに。
2.フルートを手に取り、チューニングで吹きなれているまんなかのラを
  mpくらいでヴィブラートをかけずに吹いてみる。
   お互いドキドキする瞬間ですね。
3.あっ、なんとなく私好み?ってピピピ~ときたらまんなかあたりの音を思い切りffで吹いてみる。
   これでフルートの抵抗を感じたり、あれれ~と思うくらいスムーズにふけちゃったり、
   フルートとの出会いも人との出会いと同じですね。いろんな反応があります♪
4.そして、注意。だんだん舞い上がってきて、ついつい「いつもの吹き方」を忘れちゃうんですね。
   「いつもの吹き方」で、心の中で唱えながら・・・・。
5.ヴィブラートでもかけてみましょうか。
6.いつものフルートのウォーミングアップな感じでロングトーンでもしてみましょうかね。
7.だんだん、いつもの練習っぽい雰囲気で。クレッシェンドしてみたりディミヌエンドしてみたり、
  スラーにスッタカート、低音域、高音域も
8.違和感とか感じませんか?
9.さて、ここまできたら得意の1曲のフレーズを少しさらっと吹いてみましょう。
  もちろん、このとき練習中の曲を吹いちゃだめだめです。
10.どうですか?イメージする音でしたか?ずっとお付き合いしたいと思うフルートでしたか?

お高い買い物なので、妥協してこれくらいでいいかなと思って購入しても、きっとあとあと後悔することになりますよ~。とにかく納得したものを選んでくださいね♪

お気に入りのフルートがみつかるとよいですね。





関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/677-d7d1e06d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
どうしてこうもフルートが上手くならないの? 学生時代に憧れたフルートだけど、や...
2010/11/07(日) 19:05:37 | 特選情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。