フルート吹いた~

フルート吹いた~ に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/06/25(水)
フルートの練習!とまではいかないけど、きょうはひさしぶりにフルートを吹いた。

腱鞘炎が日々、悪化しているのか、このところ「書く」という動作にも
痛みが伴うようになってきた。
それでも、とりあえずの日常生活に支障はない。

そんなわけで、フルート吹くのも、特に痛いから吹けん!!ってことは、ない。ふつ~に吹けた。
ただ・・・・、やはり日々の練習を怠ると、顕著にその成果が反映されるのが指の動き。
まったくもって指がついていかない。
いままで、吹けていた速度で、当然スケールは滑らかには吹けず。あちゃちゃちゃちゃ~。
こんなにも指の動きが鈍くなるものか、日々の生活では全然気がつかないことだ。

そんな中、唯一の救いは・・・・「音」。
力みのない音色とでもいうのか、以前のようなカツンカツンとした硬い音ではなく、
やわらかいフルートの音色?、そんな音になっているような気がする。
これは自分がそう思って、練習していない後ろめたさに救いを求めているだけかもしれないが。
ついでに言えば、ビブラートもなんとな~く自然とできているような気が。

このまま、吹かなければもっとよい音色が得られるのだろうか?
いい音で吹こう!と思っていたときは、なかなかできなかったのに。
とても不思議な現象である。

案外、ふっとチカラが抜けたときに希望の光がみえちゃったりするのかも。
なんて、そんなことを思いながらフルートをケースにしまった。
関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
TO:セェリィジェさんv-22

フルート、練習しすぎると支えているところが痛くなったことはありますよ。

私の症状としては、親指を動かすと痛みが伴います。
親指を広げたり、伸ばしたりするときに痛みがありますか?
もしもそれで痛むのなら腱鞘炎というか私の診断されたドケルバン病の可能性があるかも・・・・。

治療としては、使わないのが一番なのですがそういうわけにもいかないですよね。

すごく痛いなら早めに病院行ったほうがよいと思いますよ~。
お大事にね。

2008/06/27(金) 23:24 | URL | debdeme #-[ 編集]
私は 左手がいたいんです・・・?
おはようございます♪
腱鞘炎 大丈夫ですか? 完治するまで時間がかかりそうですが、無理せず ゆっくり治して下さいね。
右手が 腱鞘炎だそうですが、私は左手の親指と人差し指の 筋が痛いんです。これも腱鞘炎なのでしょうか??
良かったら アドバイス下さい。
2008/06/27(金) 06:30 | URL | セェリィジェ #-[ 編集]
TO:YUさんv-22

歌はいろんなこと気にせず気軽にふんふんふ~ん♪と歌うのが楽しいですよぉ。
2008/06/27(金) 05:10 | URL | debdeme #-[ 編集]
腱鞘炎が治るまで、指は無理しない方がいいですよ。取り返しのつかないことになったら大変。。。

私も怪我が完全に治るまで、先生の指示で、声楽の基礎(コンコーネとかコールユーブンゲン)を月1で受けて、楽譜を正確に演奏できるようにフレージングを綺麗に演奏できるようになるための勉強しています。

もともと歌は嫌いなのですが、楽譜は音楽にとっての設計図だから正確に演奏すること、歌うように吹くことが大事だからと言われました。
やってみると、コンコーネも綺麗な曲が多くていいですね。
家事をしながら、トイレやお風呂でも練習ができますので、仕事が忙しい中、時間を有効に使えていいかも知れません。
2008/06/25(水) 12:50 | URL | YU #YfXeA7ks[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/629-d4b2cd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。