歓喜の「第9」特別演奏会2007

歓喜の「第9」特別演奏会2007 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/01/02(水)
歓喜の「第9」特別演奏会2007

2007年12月29日(土)14:30~
東京芸術劇場


J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV.565

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調《合唱》

指揮:小林研一郎
パイプオルガン:井上圭子

ソプラノ:管 英三子
アルト:管 有実子
テノール:錦織 健
バス:青戸 知

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団


今年最後の演奏会。
締めはやっぱりこの曲。
第九でしょ~。
な~んていいながら、生演奏を聴衆となって聴くのは初めて。
だから、とっても楽しみだった。
しかも、たくさんの仲間が合唱団の中で歌っているし。
おまけに、錦織健だし~。

私の大好きなテノールのソロと男性合唱の部分。
ピッコロが響きわたって、ちょっと耳障り。
健さまの声をかき消さないでちょ~だい!!
それにしてもやっぱり、最近はやりのテノール歌手より、全然ステキなハリのある声。
聴いていると、とろとろととろけてしまいそう。

それにしても、コバケンは、ここでもうなっていた。
うなり声がよく聴こえる。
それについては、賛否両論あるらしいけど・・・・。
私としてはあまり気にならない。
スマートに捧を淡々と振っているより、指揮してます!みたいな感じで。

それにしても、あの合唱団のメンバーとして歌えなかったのは、
やっぱり残念だったな~って、終わって拍手しているとき思った。

関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/596-4b4c9bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。