【フルートの練習】高音域

【フルートの練習】高音域 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/07/16(月)
あるフルートメーカーから季節ごとに届けられる冊子。
神田寛明さんと高木綾子さんがフルートを吹くときの
バランスというテーマでの対談記事がありました。
この中で、高木綾子さんが私にとっては非常に興味深いことを
語ってます。
それは、「口を作らないように意識している」ということ。

がんばって音を出そう!高音を出そうとすると唇に力が
入ってしまうのです。
高木さんもそうだったそうです。
アンサンブルなどを多く演奏するようになって、
音色の自然さ、他の楽器との混ざり具合を考えるように
なってから口の緊張を緩めるように意識したそうです。

フルートのレッスンでも、高音域では先生からよく指摘されます。
もっと唇をやわらか~くしてって。
ロングトーンの時には、すごく意識しているのだけど・・・。
他のことをやりはじめると、ついついおろそかになってしまう。
神田寛明さんは、低音域の吹き方を基本に高音域まで
同じ吹き方にしたいですね、と・・・・。
力を入れていいことはあまりないようです。
そんなわけで、もっとリラックスしてかる~くキラキラと輝くような
音色の高音をGETしたいもんですねぇ~。
チャンチャン。





関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
TO:さっさんさんv-22

こんにちは。

ピアノは指のタッチで音色が変わってくるのでこれまた指をしなやかに鍛えなくては・・・という印象があります。

ピアノがうまい人って、指がピアノの上で軽やかに踊っているようですよね。

その指の感覚が、フルートでは息の強さだったりするのかな~。

そうですね、お互いがんばっていきましょう♪


拍手パチパチ、ありがとうございます。
なんかくっついているのでそのままにしてみています。
不思議な機能です・・・・。



2007/07/23(月) 09:51 | URL | debdeme #-[ 編集]
応援ボタンの不思議
 連続投稿すみません。あと拍手とはいったいなんでしょうか?いつも疑問に思いつつ、毎回応援クリックをぽちっとしています(笑)
2007/07/21(土) 13:36 | URL | さっさん #.LDfy1g.[ 編集]
練習お疲れ様です。
 debdemeさんへ 

 どうもおはようございます。さっさんです。覚えていますでしょうか?

 ピアノもフルート同様、高音部分が特に音の出し方に気を配るとところです。低音部分はどうでしょうか?僕は、体ごと、魂で弾く感じです(^^;)

 スケールにしてもアドリブをするときは、いろんな奏法を手に染み込ませなくてはいけません。なかなか大変です。

 それではお互いにがんばりましょうね!楽器は違えど、同じ音楽の世界でつながっていきたいです。

 相互リンク許可ありがとうございました。

http://blog.livedoor.jp/sassan0427/
 debdemeさんのリンクは画面左下にあります。それでは!
2007/07/21(土) 13:34 | URL | さっさん #.LDfy1g.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/558-e09b2269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。