【フルートの練習】pを攻略

【フルートの練習】pを攻略 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/05/13(日)
音楽ってイメージが大事。
どんなイメージを持つかによって表情が全然変わる。

楽譜にある「p」。
人それぞれ、いろんなイメージを持った表現方法があるけれど。

イメージしてそれを表現しようとしただけで、
とっておきの「p」になる。



頭の中を真っ白にして、こんなことを思う。


大事な手にひどい火傷を負ってしまった。
手は真っ赤にはれあがって。
痛い、痛い、痛い。
何かが、ちょっと触れただけで、痛い。
空気が触れただけでも痛い。
ズキズキ、ヒリヒリ、ドクドク、ズキズキ。
痛い、痛い、痛い・・・・痛い。
あ~痛い、痛い。


そして、その痛い気持ちを音で表現してみます。
痛い、痛い、痛い。

どんな音が響いてきたかな?

なんか、とってもきれいな「p」で音が聴こえてきませんか?


うそっぽいでしょ、でもほんとに効果あり。
発声の練習のときに実際やった方法。
みごとにきれいな「p」の出来上がり。

ちょっと応用して、この痛みをみんなで分かち合うと、
きれいなハーモニーの出来上がり。




どんなイメージをもって「p」を攻略しているのかな?



フルートひょろろ~♪のTOPへ














関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/536-44882b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。