【フルートの練習】腹筋より背筋と斜腹筋

【フルートの練習】腹筋より背筋と斜腹筋 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/04/05(木)
演奏に必要な筋肉は、腹筋より背筋。

おなかを使って~♪と言われると、「おっ、腹筋の出番だな!」とか、
腹式呼吸で~♪と言われると、
「おなかを出して引っ込めればいいんだな」とか。

いつもならその他大勢の中での、合唱の先生のレッスンだけど。
昨日は少数で、密度のこ~~い歌の練習でそんな話題に。

結局、おなかを使ってというとおなかに意識が集中してしまうけど、
どちらかというと背中。
先生のおなかと背中を触ってみると、息が入ってきたときにボワッと
広がる。
息をはいていても、その広がりがずっと維持されているから、
これが支えているということなんだろう。

そのためには、背筋と斜腹筋を鍛えること。

背筋はおなかを下にして寝て、そこから上半身をおこす運動。
斜腹筋は仰向けに寝て、床と足との角度が30℃になるようにあげる。

フルート吹くのも、歌うのも、
結局、からだの使い方は同じもんだ!と思っている私としては、
早速おうちに帰ってからやりましたよぉ~。

フルート吹いてみて、ちょっとうまくなった気がした・・・・かも?

これは毎日のトレーニングということで。


フルートひょろろ~♪のTOPへ




関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/514-7826d67f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。