同じ人間だから

同じ人間だから に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/04/02(月)
なにやっても課題は同じなんですよね~と声楽の先生。

声楽のレッスンでこれまた、息が出すぎてるとの指摘。
なんだかリアルタイムな話題だなぁ~。

おなかにグッと力をいれたときに、
息がでちゃいました~って感じになっています!
グッと力をいれても、常に均一に息が出てくるように。
フルートでも吹き込みすぎると、ひどい音になるでしょ?と
先生。

そうそう、そうなのですよ。どうもこの息のコントロールが
うまくできないんですよねぇ~。

歌も、フルートも課題は一緒。

これも、フルートのレッスンでよくよく注意されること。
音と音の間にヘンな音が入らないように!
そしたら歌でも同じこと指摘されました~。
跳躍するとき、違う音を入れないようにって。

う~ん、やっぱり課題は同じみたい。


さて、息出しすぎの課題については、
おなかをグッと中に入れ込む力に対して、
それを押し返そうとする力を意識したときが、
イイ感じみたい。

おっと、それにプラスあの伝授された練習方法を組み合わせて。


30分のレッスンだけど、かなりいい運動してるよぉ~。



はじめての発声法―基礎を学ぶポイント30(ヴォカリーズ・エクササイズ付)
はじめての発声法―基礎を学ぶポイント30(ヴォカリーズ・エクササイズ付)ジャン=クロード マリオン 美山 節子

音楽之友社 2003-10-01
売り上げランキング : 99072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「医師」と「声楽家」が解き明かす発声のメカニズム―いまの発声法であなたののどは大丈夫ですか
ベル・カント唱法―その原理と実践
音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために
声の呼吸法―美しい響きをつくる
うたうこと 発声器官の肉体的特質―歌声のひみつを解くかぎ








関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/511-1a4f99b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。