MFC東京第7回定期演奏会

MFC東京第7回定期演奏会 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/02/25(日)
メトロポリタン・フロイデ・コーア東京
第7回定期演奏会

2007年2月25日(土)15:00~
東京芸術劇場大ホール

J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244

福音史家:五郎部俊朗(テノール)
イエス:小島聖史(バリトン)

田島茂代、山田綾子(ソプラノ)
小嶋康子(メゾ・ソプラノ)
本岩孝之(カウンターテノール)
牧野成史(テノール)
浅井隆仁(バリトン)
藪西正道(バリトン)

合唱:メトロポリタン・フロイデ・コーア東京
管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
指揮:横島勝人


3時間半。

マタイ受難曲やっているから、聴きに行きたい!!ってノリではなく。
合唱の先生が出演するから、それが聴きたくて。
でなければ、絶対この曲を聴くことはなかっただろうな。

それだけに、こんなチャンスがあってよかった。
この曲を知らないことは、大事な落し物に気がつかないまま
通り過ぎてしまっているようなものかも。

演奏時間の長さに、一瞬ひるんでしまうけど。
ちゃんとしたストーリーがあるから退屈することはない。
ただ、予備知識として事前にちょっぴり予習はしたけど。
だいたいのあらすじ、どの曲でどんな展開があるのか、
聴きどころなどをかる~く。

それにしても、この曲。
聴いた後に音楽を聴いたというよりも、
この曲を通して自分自身に何かを問われているような、
そんな感じがした。
結構、うわぁ~~ずっしり系。

さて、曲の好みとしては私の好みではないのだけど。
もう少し勉強しながらこの曲聴きこんだら、たくさんの発見が
ありそう。
関連する絵画なども鑑賞しながら聴いてみるというのも、
おもしろいかもしれない。
楽器と旋律を追いかけてみるのもおもしろいと思う。
福音史家が歌うときは必ずチェロとオルガンがくっついていたり。
オーボエは3種類を使い分けていたし。
たぶんあれは意味があるんだと思われる。

今日一日ですべてが理解できる曲ではないな。
今日がこの曲の深みにはまる記念すべき日になるかもしれないし。

もっと知りたい!って、私の知的欲求をくすぐるような曲だった。


それにしても、練習大変だっただろうな~。
楽譜も分厚かったし。

そうそう、フルートもめちゃくちゃ出番が多いし、
かなり目立っていた。
フルートで吹いてみるっていうのもおもしろいかも。

楽譜屋さんに行ったら、楽譜チェックしてみよ~っと。


予習するときに読んだ本は、
くわしっく名曲ガイド
マタイ受難曲の解説がついていた。







関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
TO:みやさんv-77

この曲を聴けてよかったって思いました。

よさこい、おつかれ~。
激しそうだもんね、あの動き。
でも楽しそうジャン♪
2007/02/26(月) 18:34 | URL | debdeme #-[ 編集]
深いよね・・・。debちゃんの説明読んだだけでもそう思った。
何を表現するということのほかに、何か意味もあるのだろうし、
バッハということで宗教色が強い点やその当時のシステムや
絵画、美術などの音楽以外の芸術にいたるまで、つながりが
深かったりするし、本当に趣味で聴いているだけでも、いろいろな自分の中にある知的好奇心だったりを気がつかせてくれたりするし、逆に、哲学的に答えが見つけるのが難しいようなことを
考えてみたくなったりするし、いろいろな意味で音楽は深いと
思います。debちゃまのように、もっと演奏会に行きたいよぉ★
よさこい練習後の筋肉痛で動けません・・・とほほ。
2007/02/26(月) 16:21 | URL | みや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。