おなかの使い方

おなかの使い方 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/02/19(月)
声楽のレッスンで、メトロノームにあわせて1分間。
おなかでフッフッフッ・・・・・・ときる
フルートではおなじみのあのトレーニング。

フッと息をはいた瞬間に、息がフッと入ってくるから
ずっと続けることができるはずだと。
これが途中で苦しくなるのなら、ニセモノだって。

先生と一緒に、メトロノームのカチカチに合わせて、
フッフッフッ・・・・。
一分終わった後って、ふはぁ~~。

今度はフッフッフッときるだけでなく、
フッでひっこめて、フッで押し出す。

このトレーニングを毎日しましょ~♪ということで。

そして、発声練習。
「♪U~~~~」
とここで、先生がおなかをグッとおしてくる。
そしたらなんとびっくり、しっかりした声がでてくる。
のどに余計な力もかからずに。

それくらいの力をおなかでグッとかけらるようにならないと、
こんだけの声がでませんよ~ってこと。
最初は、自分で圧力をかけて出す。
そのうちわざわざ圧力かけなくてもおなかでだすことできるって。

はぁ~、普段の練習でいかにおなかを使うことを、
さぼっているか実感。

このおなかの使い方は、フルートにも共通することだから、
ちゃんとさぼらずトレーニングしよっと。


関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
TO:のんさんv-22

コメントありがとうございます。
ブログ拝見しながら、思わず腹筋と顔の筋トレしてしまいました。

最近はさぼり気味だから、だめですねぇ~。


2008/06/16(月) 01:35 | URL | debdeme #-[ 編集]
はじめまして
声楽で検索していたら、たどりつきました。良かったら、遊びに来てください。おなかを意識しないでも使えるようになるにはかなり練習がひつようですががんばってくださいね。
2008/06/14(土) 16:28 | URL | のん #-[ 編集]
TO:Alice さんv-77

ぜひぜひ、試してみてください。
110くらいで1分間、フッフッフッ・・・・。
私は、かなり疲れます。
やっているうちに息苦しくなるのは、おなかを使っていない
からだそうです。
フッって出した瞬間に、空気をフッって吸っているので、
ずっと続けられるはずなのだそうです。

慣れてきたら、フッではいて、フッで吸ってを続けて
やってみてね♪と声楽の先生からは指示されているんです。

2007/02/22(木) 14:37 | URL | debdeme #-[ 編集]
debdemeさん、こんにちは。
ちょうど今の私の課題は「お腹を使う事」なのです。
詳しい説明ありがとうございます!
この練習方法、私もしてみますね。
(全くしてこなかったので上手く出来るかなぁ~?)
2007/02/22(木) 13:24 | URL | Alice #-[ 編集]
TO:miyamiyav-266

マウスピース購入して・・・、
う~んどんな意味があったんだろうね。
みんなでラッパ隊作りたかったのかな?

歌はまだ自分の声を録音して聞く勇気がないなぁ~。
フルートはもう慣れちゃったけどね♪


2007/02/20(火) 10:20 | URL | debdeme #-[ 編集]
歌でもそうだよね、あったような気がする。小学校の合唱団
みたいなとこでも、お腹を使う練習をしたし、なぜかクラス全員
マウスピースを購入して、トランペットの練習させられたし
(これは謎なのだけど・・・)
お腹を使うと、かなり音が変わるよね。それを維持させていか
ないと、意識しないと、腑抜けな音になっちゃうんだ。
はじめのうちはいいけど、だんだんおろそかになってしまう。
歌の発声も体に気持ちいいよね。歌うだけでも体内から
浄化されるような気分になるし(笑)私も嫌いじゃないんだけど
自分の声が嫌いなの・・・。
2007/02/20(火) 08:53 | URL | みや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。