日本フィルハーモニー交響楽団 第587回定期演奏会

日本フィルハーモニー交響楽団 第587回定期演奏会 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/01/26(金)

第587回 東京定期演奏会

2007年1月25日(木)19:00~
サントリーホール

マーラー:交響曲第9番 ニ長調


指揮:小林研一郎

演奏:日本フィルハーモニー交響楽団



最終楽章、最後の音がスッと消え、
場内のすべての人がマーラーの音の余韻を感じていた。
しーーんと静まった場内。

どのくらいの時が過ぎただろうか?

マエストロがゆっくりと腕を下ろすと、
緊張感から解き放たれたブラボーと拍手の嵐。


マーラー、初めて生で聴いた。
曲が長い、退屈、というイメージがあったけど、
思いっきり堪能してきた。

印象的だったのは第三楽章の激しさから、一転して最終楽章のはじまり。
ゆったりと美しいメロディーが聴こえてくる。
暗くなく明るくもない、とっても純粋な、でも深みのある
『美しさ』を感じた。

それからもうひとつが、フルートの音色。
どこか狂気的な音色。こういう音も出せるんだね。
二重人格な楽器だわ~。


さて、今年のテーマは、マーラーってことにしてみる?




演奏終了後、合唱団の団長さんたちに連れられて、楽屋へ!!
コバケン先生と握手してきちゃった。
あったかくてやわらかい手だった。

それから、第九以来の淳先生にもお会いできたし。

演奏以外でもウキウキだらけだったな。

関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。