ラストスパート

ラストスパート に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/15(日)
さあ、来週の本番に向けてラストスパート。
演奏が終わったあとに、楽しかった~♪と言えるために。

それは最初の音に全て託されている。
これがちゃんといい音でプッとでればきっとうまくいくはず。
でもこれはずしたら、ガガ―――ンンンン。
どこで気持ちを切り替えようか。

そんなことも考えながら、最後の一週間をすごしましょ。
おっと、おじぎの練習もしておかないとね。
最初と最後、きっちり決めないとね♪

あ~~、ドキドキ♪

これは、いい意味での緊張感。

さて、たのしみだなぁ、ひょろろ~。
関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
みやさま。

だいじょうぶ、笑顔でニコッて♪

合唱指導の先生が言っていました。
本番は興奮して気持ちが昂ぶるけれど、どこかに
冷静な自分がいるようにしなさいって。
そうすれば、練習で注意しようとしていたことが
ちゃんとできますって。
これって結構難しいよな~、って思いました。

そうそう、最初と最後のおじぎはきっちり決めてね。
かっこよく見えると思いますよ♪



2006/10/17(火) 13:49 | URL | みやさまへ #-[ 編集]
debdeme様、秋海棠様、ありがとうございます。
ごまかさないでがんばります(笑)平常心って
言葉剣道してたころから大好きな言葉です。
でも、この平常心って難しいか今この歳になって
気がつきました。お二人に及びませんが、
今できる限りのことを、発表したいと思っています。

2006/10/17(火) 13:11 | URL | みや #-[ 編集]
秋海棠さま。

もちろん、それなりの努力をすることが大前提です。
ラクくしていい思いしようということは、フルートに限らず
ないと思います。
あったとしてもどこかにひずみがでてくるし。
だから、練習不足では楽しむことなんてとてもとてもできません。

いま、私は並行してクリスマスの発表会の練習もしていますが、その曲についてはまだ練習が全然足りません。
このままあしたが本番!だとしたら、真っ白でふけなくなってしまうでしょう。楽しいよりも恐怖です。
この恐怖感を練習でひとつひとつとっていこうと思っています。
間に合うかな??

「しっかりマスターして臨めよ」、
ハイ、この言葉を心の中にいつでも聞こえてくるところにおいて練習していきます♪


2006/10/17(火) 00:58 | URL | 秋海棠さまへ #-[ 編集]
結局、暗譜する程よく練習してその曲を好きになっておくことが大切なのです。

そういう努力が不足しているのに「楽しもう」とか「楽しんでくださいね」と言ったところで、安心して演奏する境地に至るわけないのです。
「難しく考えるな」というのも同じなんですよ。不完全であればあるほど本番は神経を集中させて楽譜たよりに演奏しなくてはならないのです。難しく(真剣にの意)考えなくてはなりません。
皆さん、初見演奏では真剣に楽譜を見ながら演奏するでしょう!?
「楽しんでください」といっても、5千円の小遣いをもらって遊園地の乗り物を好き勝手に選んで乗り回すのとは全く質が違うのです。
乗り物まで自分で作れといわれたらそう簡単にはいきません。
演奏は乗り物まで自分で作るようなものですから、うまくできればその後に楽しみがついてくる。下手に作れば怪我をするかもしれないのです。
「楽しんでください」といわれたら、「しっかりマスターして臨めよ」と言われたと思うことが大切なのです。
マスターできたあとは大らかな気持ちでね。

2006/10/17(火) 00:09 | URL | 秋海棠 #-[ 編集]
続き・・・・

どんな状況になっても余裕な表情で演奏したいものです。
アップアップな状態でも・・・・・。
2006/10/16(月) 22:49 | URL | 秋海棠さまへ #-[ 編集]
秋海棠さま。

やっぱりごまかしたらだめですか・・・・。
予測できない事態が起こった場合でも、秋海棠さまのように
平常心でいられることもやっぱりフルートの技術の1つだと
思います。
2006/10/16(月) 22:46 | URL | 秋海棠さまへ #-[ 編集]
みやさま。

あまり気負わず、肩の力をぬいて笑顔です♪
思いっきり音を出してしまえばすっきりするし、うまくいくと思います。いい意味での開き直りかな。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。

フルート吹いていて楽しい♪って気持ちに集中すれば、
うまくいきますよ。

私のとっておきの攻略法は、『なりきること』。
すんご~く図々しいけど、自分のなかで思うのは自由だから。
『私は、世界で一番のフルーティストよ♪』くらいの気持ち。
まったくふざけるな!って殴られそうだけどね。

ただただ、フルート吹くことを楽しみましょうよ。

みやさまのところに届くくらいの音で私も演奏しますね♪


2006/10/16(月) 22:43 | URL | みやさまへ #-[ 編集]
“なにかあったとき”もごまかしてはいけませんよ~(笑)

私は屋外演奏のときに風で楽譜が飛ばされてしまった経験があります。
もちろん“激ヤバー!”と思いましたが、取りにいくわけにもいかないので平然と暗譜で吹き続けました。多少アーティキュレーションは狂っていたかも?これって小ゴマかナ?(心ではそういう解釈だ!と押し通しています)
以降、洗濯バサミは必須アイテムとしてバッグに入れています。
2006/10/16(月) 22:04 | URL | 秋海棠 #-[ 編集]
私もそうですね。音が出なくなる経験を昨日させてもらった
ので、当日はどうするか?これに尽きると思います。
真っ白でも楽器を当てなおすとか、支え、口の形、ブレス、
姿勢とか、音楽の前にはじめの1歩を確認して練習しようと
思っています。
2006/10/16(月) 12:55 | URL | みや #-[ 編集]
みやさま。

私もね、本番こわいですよ。
ドキドキしてますよ~。
はじめての発表会はそうでした。
でもそのドキドキ感が演奏終わったあと、
なんか拍手もらったりしてちょっと快感?みたいな
気持ちに変わりました。

みやさまの好きなように思ったようにフルート吹けば
うまくいきますよ~。
まず、みやさまが楽しまなくちゃね。
そしたらもしも音がちょっとでないようなハプニングがあっても
きっと乗り越えられるはず。

私はこの一週間、なにかあったとき、いかに立て直すか(ごまかす?か)を考えながら練習しようと思っています。



2006/10/16(月) 10:01 | URL | みやさまへ #-[ 編集]
こんにちは。私は伴奏あわせで真っ白になり、音が
出なくなっちゃったんです。本番怖いですが、ここまで
ひどくもないはず?!と逆にヤケになっている部分も
あるのか、debdeme様のように、楽しみにしていらっしゃる
ところを拝見すると、私にもこの楽しむ感覚が欠落して
前面に不安要素がいっぱいな感じがします。それじゃ
いけないんですよね・・・。メンタル面でのトレーニングも
していかないとなぁ。私はこれも重要かも!
2006/10/16(月) 08:02 | URL | みや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。