大先輩の死

大先輩の死 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/06/14(水)
指揮者の岩城宏之氏、亡くなられてしまいましたね。

クラシック知らなくても、あ~って思う人も多いのでは
ないかな?なんて思うけどどうなのだろうか?
私もどちらかというと、演奏会に聴きに行ったというより
TVでみることのほうが多かったような気がする。

この前の日曜日、高校の同窓会があった。
そのとき、学校案内のパンフレットもらってきた。
その中に活躍する卒業生として岩城宏之氏も名を連ねていた。
卒業生だったなんて全然知らなかった。

友人とこの指揮者の人は有名な指揮者なんだよ!って
話をしていたばかりなのである。

だからこのニュースを知ったとき、なんだかとても不思議な気分だった。

大先輩のご冥福を祈ります。

注)同じ高校というと表現が正しくない。
なぜなら私は女子高出身。
いわゆる、同じグループ企業の出身ということだな。
関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
Ixtapaさま。

私、ついつい自分色にあってない人はだめだめ印をつけてしまいがち・・・。
あ~気をつけねばならぬのです。

いいじゃないですか、思い入れがあるからこそ自分らしい演奏ができるんじゃないかと思いますよぉ~。

2006/06/16(金) 10:55 | URL | Ixtapaさまへ #-[ 編集]
車のパラリパラリは傑作ですね。

そうですね。ひとそれぞれにいろいろなものを持っていて、それが、音楽好きと同じ役割をしているのわけですね。

自分中心に物事を捉えてはいけない、人は人、自分は自分、価値観の違いなどはあって当たり前、それを否定するようなことは本来ではない、っていつも思ってるんですが、音楽だけは昔から「思い入れ」が強くて。
2006/06/15(木) 23:00 | URL | Ixtapa #-[ 編集]
Ixtapaさま。

私は、心の底から音楽が嫌いっていう人は少ないと思います。
ジャンルの違いで好き嫌いはあるかもしれなかも。

音楽という範囲をもっと大きく捉えれば、車の
パラリラパラリラも乗っている人にとっては心地よいメロディなのかもしれませんよね。
周りは大迷惑だったりするけれど。




2006/06/15(木) 00:18 | URL | Ixtapaさまへ #-[ 編集]
debdemeさんへ

貴重な方を亡くしましたねえ。昔、N響定期の会員だった頃によく聴きました。そういえば最近はテレビでもお見かけしなかったような。

今朝のテレビの逝去の報道で、興味深いことを言っていました。うろ覚えですが「人間が、人間であるためには音楽は不可欠である」というようなことを。

音楽に、ほとんど縁のない生活を送っている人が周りにはいっぱいいますが、そういう人たちは、何が楽しみで、毎日を過ごしているんだろう?とふっと思ってしまいます。

でも、多分音楽以外で、いろんな好きなことを持っているはずです。音楽愛好家がそうであるように。

たまたま岩城弘之さんが音楽家で、そういう一生を送り、そう言っただけのことでしょうが、音楽愛好家には、「うん、うん」と納得できるものがあります。
2006/06/14(水) 23:28 | URL | Ixtapa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。