クラリネット その後。

クラリネット その後。 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/04(土)
入院中のクラリネットが帰って来ました。
吹いてみようかやめようか・・・・。
ここでクラリネット吹いてフルートに影響したらやだなぁ~なんて
思いがあったのですが。

たま~に吹いてみるとこれはこれでよいものです。
すっかり運指は忘れていました。というかフルートの
指づかいで吹いてたりしてね。

そうそう、クラリネットのほうが比較的というか構造的になのかな?
のどをあけることが自然にできるかも。
マウスピースをくわえるという動作で口の中が大きくあくような気がする。
このあとフルートに持ち替えて吹いてみるとやっぱり意識しないと
口の中の空間はそんなに広くないような感じがするな。

また、息の流れが自然と下にいくのでなんとなく音の流れも自然なような
感じがしなくもない。

このあとフルートの練習に移っていたのだけど。
唇の感覚がちょっと違う、クラリネットのほうが負荷がかかっているから
だとおもうのだけど。
フルート吹いた時に唇がかる~く感じられた。
なんだか心もとないというか・・・・。

ということで、長らく一緒にいたクラリネットさんの旅立ちの日も
近いです。まあ彼にしてみればきっと幸せでしょう。
全然吹いてもらえない人に所有されているより、少しでも吹いてもらえる人のところにいたほうが楽器としての使命を果たせますからね。





関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。