伴奏合わせ

伴奏合わせ に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/12/11(日)
本番前モードになってきました。
前回のときよりものほほ~んとしているのは、
なんとなく要領がわかっているのと図々しくなっているからか。

この前はピアノの音とがあわせられるかな~なんて、
ドキドキだったけど。
合わなければそのままいくしかないよね。というわけで、
ちょっとフルートごしょごしょいじって終わりにしようと
思ってる。

デュオはさすがに、フルート同士の音が合ってないと
吹いていて自分が気持ち悪いのであわせなければと
思うけど。音程の高い低いは、はっきりわからないな~。
先生は、この音低いとか高いとか指摘するけどありゃ~、
神業だな。
な~んとなく音違っているかも・・・・。としかわからないし。
そこまで気がつけばよいほうだし。

で、デュオとソロそれぞれの伴奏合わせ。
デュオはリズムかな・・・。あわせるところをちゃんとあわせ、
聞くところは聞かないとね。
吹いているととっても気持ちよくなってきてついつい、
というか気がつくと音が割れるほどに出ているような。
どなっているから美しくないですね。
せっかくきれいなメロディなんだから美しい音で
吹きたいもんだ。と強く心に留めておかねば・・・。

ソロは・・・、もうこれはジタバタしても仕方ない。
不安な気持ちはきっと演奏にもあらわれてくるはず。
あと残り1週間、がんばろ~っと。



関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
由美香先生。
先生、お疲れ様でした。
ついに・・・という感じですね。
私はデュオがとても楽しかったです。
ってまだ終わってないですね。
微妙に不安な点もありますが、
本番、どんな演奏になるのかな。
またやりたいなぁ~と思います。
きょうの録音楽しみしてます。
でもまだ自分の演奏聞くのには気合が必要
です。デュオなら聞けそう。
私の音わからないだろうし・・・。
ソロは・・・聞けないですね。
残り一週間、がんばって練習します。
先生もお体、気をつけてくださいませ。
2005/12/12(月) 10:09 | URL | debdeme #79D/WHSg[ 編集]
今日はお疲れ様でした!
音程の件ですが、そんなに深刻に考えることはないですよ!
デュオにソロに色々と勉強になりますよね!
debdemeさんの演奏はとっても元気があって私は好きですよ♪
録音楽しみにしていてくださいね!
聞くと勉強になります。
あと1週間、がんばりましょう!
2005/12/12(月) 01:20 | URL | 由美香 #79D/WHSg[ 編集]
Ixtapaさま。
音を合わせるのは、かなり難儀なことです。
私にとって。
なんとなく感覚でしかわからないのです。
これも日々、あわせる努力が必要なのでしょうね。
普段から聞く音楽も何気なく耳を通り過ぎるのではなく目的意識をもって聞くとよいかもしれませんね。
今年一年、フルートでの成果はたくさんありました。
今年のまとめとして発表会はがんばって演奏してこようと思ってます♪
2005/12/11(日) 23:28 | URL | debdeme #79D/WHSg[ 編集]
澄田涼太郎さま。
ホントたくさん吸わないと、とてもとても
くるしいです。
私の周りの酸素、全部なくなるぞ!ぐらい吸いたいものです。
それ以上に、息の使い方にも問題アリかもしれませんが。
いまさらそれをいっても間に合わないので、
おおらかな気持ちでがんばります。
そうおおらかにね、
サワサワサワと流れるように吹きたいです。
2005/12/11(日) 23:18 | URL | debdeme #79D/WHSg[ 編集]
debdemeさん こんばんは。
年末で本番というのも、いいですねえ。一年の締めくくりって言う感じで。頑張ってください。
ピッチは本当に気になりますよね。何年か前の発表会の演奏録音を後で聞いたら、自分の音ののほうが、最初から最後までピアノ伴奏よりもちょっと高めで、上ずっていたことが。客観的に聴くとわかるのに、本番ではどうして気がつかなかったんだろう、と当時思いました。
解決方法は、私の場合は「聴いているつもりで、意外とピアノ伴奏とか、相手の音を冷静に聴いていない」ことが、何かの拍子にふっと気がつきました。「耳のモードスイッチを入れ替え」としか言えませんが。後は、ピッチを意識的に上限から下限まであごなどを使って変化させる練習をppで時々やります。これもいいかも。
人の演奏を聴いて、例えば演奏の最後にppで終わるときなんか、音によっては、結構保持するのが難しくて(Cisなんか最高にイヤですよね)、「ピッチ下がる」のを時々みかけますが。「鍛える」しかないですかねえ・・・
ピアノの鍵盤を右ペダルを踏み込んだまま叩き、音を響かせておいて、ポイントになる音と合わせる、とか。
2005/12/11(日) 23:17 | URL | Ixtapa #79D/WHSg[ 編集]
メイさま。
私、絶対音感?ってものがないのかな?
いまひとつよくわからないのですよね。
先生は、低いと気持ち悪い・・・というけれど
それがいまひとつピンとこないのです。
音感、これからでも鍛えられるのでしょうか?
だったらとっても鍛えたいです。
2005/12/11(日) 23:11 | URL | debdeme #79D/WHSg[ 編集]
いよいよ近づいてきたんですね。がんばってくださいね。たくさん吸ってたくさん吐いて、おおらかに行きましょう。
2005/12/11(日) 22:25 | URL | 澄田涼太郎 #79D/WHSg[ 編集]
debdemeさん、こんばんは。
私も音程のことでは苦労しています。
ピッチが合っていないと、何となく興ざめですものね。
みなさん、どうやって乗り越えているのでしょう。
音感を鍛えるための何かいい方法はないのでしょうかねぇ。
2005/12/11(日) 21:32 | URL | メイ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/230-2a71e445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。