あごが・・・

あごが・・・ に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/18(土)
高音がでないときは、下唇(あご)を突き出す感じと言われる。
フルート吹きながら、どうやってあごを突き出すんだ?と言われるたびにハテナがあたまを
ぐるぐる駆け巡る。

フルート吹いていない、ふつーの時ってどうなっているんだろう?って意識して感じてみると
上の歯の内側に下の歯がある。つまりこれって出っ歯ってこと?
無意識でいるとそんな状態になっているから、意識して上の歯と下の歯が同じ位置に
いるように気をつけてみたら、あごがとっても疲れる。というか、あごがはずれそう。
う~~ん、つらいっす蓮

関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
私も先生から同じような事を言われました。顎というかやはり下唇ですね。
そして、息圧を下げずに上唇をしっかりと固定させましょうって。
最近では、思いついたときにアンブシュアを確認(練習ですね)できるようにと、小さな鏡を手元においています。もちろん、フルートのまずロングトーンのときにも譜面台に鏡をセット。
鏡で確認は、タンギングで舌がチョロっと出る悪い癖も鏡をみながらだと、自分でよくわかるのでいいですね。
2005/06/20(月) 14:05 | URL | ぴっころ #79D/WHSg[ 編集]
マサヤン様
はじめまして。
仕事と練習の両立はなかなか大変ですよね。
音がでるとどうしても、時間帯が限られてしまったりなどの問題もありますしね。
オーボエのリードですか・・・。
なるほど。早速やってみようかな。
写真も体がどうなっているのかもちゃんとチェックしないといけないのですね。
かっこいいわぁ~んだけじゃなく、貪欲にフルート上達のためのネタとしないとね。
アドバイスありがとうございました。
2005/06/19(日) 22:47 | URL | debdeme #79D/WHSg[ 編集]
はじめまして。
マサヤンと申します。私もフルートやってます。年とってから始めたので、なかなか上達が・・・、それと仕事とフルートの両立というか、もともと比較するもんでもないですが、練習時間がほとんどなし。
そんな私ですが、レッスンだけは隔週日曜日にきちんと通ってます。
高音域で「あごを突き出す」感じというのは、私もレッスンで時々先生からそう言われます。
実際に突き出すというよりも、「イメージする」と、自然にそうなります。で、音がスッと抜けるのがわかります。
あと、「頬骨を上げる」というのは、唇の両端から、頬骨、耳の下に至るまでの筋肉でもって、「吊り上げる」感じでしょうか?
フルート吹きって、ステージでの演奏を見ても、演奏中の写真みてもそうですが、例外なく、この筋肉使ってますよね。
プロでも数日練習が不足すると、この筋肉が緩むのがわかるそうです。
私は、先生の勧めで「オーボエのリードを持ち歩いて、プーッと音を出す」っていうのを時々やってます。
自然にその筋肉が鍛えられます。オーボエ奏者が演奏しているのを見ると、その肝心の筋肉を使っているのがよくわかります。
2005/06/19(日) 19:51 | URL | マサヤン #79D/WHSg[ 編集]
のこさま
なるほど・・・、ちょっと注意して練習してみます。
先生って、サラッと無茶なこと言ってきませんか?これもそうなのですが、上唇も力を入れないで少し引いてって?
もしくは、頬骨をあげるって・・・。
いきなり、んなこと言われても・・・と顔が引きつってしまいます。
フルートって、優雅そうなイメージあるけど
かなり顔と体使いますね~。
コメントありがとうございました。
2005/06/19(日) 17:33 | URL | debdeme #79D/WHSg[ 編集]
おはようございます。
TrackBack つけて下さっていたので、ちょっと早いですけど・・(*^。^*)
あごの話ですけど・・・
先日の個人レッスンで、ちょっとわかったような気がするので書いてみます。
私の先生は「あご」とは絶対おっしゃらないのです。
下唇を出すと言う事は=あごを出さなきゃ出ないんじゃない?・・・と思いますよね?  
・・でも「あごを出すんですか?」とお聞きしたら、頑として
「あごなんて言った事は無い。下唇です。」とおしゃるんです。
わけがわからないから、いまがんばらねば・・(^_^;)と思って確かめました。
高さの順で言うと
一番上に下唇
その下にフルート
さらにその下、内側に下の前歯・・の順だそうです。
そうして、下唇を自由に動かすために
押さえつけない事・・だそうです。
一応理解は出来ましたが、四苦八苦は続いています (@_@;)
下唇だけを「前へ!」というのはなかなか難しいですよねぇ・・
大体 これまでの人生で下唇を動かす・・という事をしたことがない。(笑)
個人レッスンに行くと
矢継ぎ早に それはそれは一生懸命教えてくださいます。
ちょっとでも間違えたら こ・わ・いですけど・・・
それぞれ先生によって違うかもしれないので、参考になりましたらよろしいのですが・・・
(声楽の場合は「あご」が関係するようです。)
2005/06/19(日) 06:53 | URL | のこ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/131-c34ad379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。