楽しい!

楽しい! に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/11(土)
今日は、フルートのレッスン。
いつもより30分ばかり遅れてのスタートだったので、少し音出ししてからレッスンへ。

レッスンでは、まずかる~くロングトーン。
なんかイイ感じで音でてない?

で、ロングトーンのあとは曲の練習へ。
たっぷりと練習できました。
とはいっても、それは30分くらいの練習。
フレーズのひとつひとつを見てもらいところだけど、それはちょっと無理。

全体的に、マッタイラ。フォルテとピアノの変化がなし。
ピアノをもっとピアノにと言われるのだけど、これがかなり音がひっくり返って
しまいそうなので、やさしく吹くのが恐い。
そんなんで、どこを吹いてもフォルテ。
ピアノに張り合おうとしているところもあるかも。

ちょっと苦手なフレーズがピアノの伴奏に引っ張られて、すんなりとフレーズが吹けて
しまったところもある。

ピアノとあわせて練習するのって、下手っぴでもすごくたのしい。
ピアノとフルートの音が重なりあってひとつの音楽ができあがっていく。
たくさんの楽器があるともっともっといいんだけどね。

関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
う~ん、なんだかその緊張感伝わってきます。
本番は伴奏の人が別につくみたいで・・・。
私もちょっとこわい・・・。
レッスンの時の先生なら、安心なんだけど。
2005/06/15(水) 00:55 | URL | debdeme #79D/WHSg[ 編集]
昨日は受付で先生に「息の調子はどう?」って。「ちょっと息あがってるかも」
そこで、ピアノ伴奏テンポアップということになって・・・。でも、いざ始まったら早すぎー!事前の打ち合わせも必要だねぇ。ピアノは先生ひとりで何人も受け持つから無理なんだけど。
2005/06/13(月) 18:56 | URL | ぴっころ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flutehyororo.blog42.fc2.com/tb.php/126-66e63ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。