2007年10月

2007年10月 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/26(金)
フルートを持って、西新宿のムラマツへ。
特に調子が悪いことはなく、フルートの定期健康診断ということで。

気がつけば、もう1年調整に出していない。
けど、ほとんど不都合もなかったし。
半年に一回は調整に出したほうがよいといわれていたから、
夏のちょっと前に、調整に行きたかったのだけど・・・。
体調がいまひとつすぐれなかったため、そのままになってしまった。
いま出しておかないと、また当分行けそうもないし・・・・。

調整から戻ってきたフルートは、ぴっかぴかできれ~になってました。
頭部管につけていた、マジックの印が消えていたのが悲しかったけど・・・・。
あとは・・・・、幾分キーの動きが軽やかになったような気がします。
そのため、半音階を吹いてみると、あれあれ???
指とキーのビミョウなタイミングで音がはずれてしまいま~す。
な~んて、フルートのメンテナンスのせいにしてみたりして。
実は、単純な練習不足かも。。。。

ということで、フルートも健康なことがわかってよかったよかった。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/25(木)
行きたい!
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のニューイヤーコンサート

1月1日~3日まで、サントリーホールにて。
曲目は、J・シュトラウス二世(春の声)/レハール(ワルツ「金と銀」)/他。

1年の始まりに聴いたらめちゃはっぴ~な気分になります!
だから、なにげに毎年このあたりのプログラムはチェックしているんです。
もちろん、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをTVで鑑賞でもよいんですけど。
なに着ていこうかな~とか、終演後はどこでごはんたべようかな~とか、
そんなことも一緒に考えながら聴きにいけるのが幸せ~。

ってなことで、是非行きたい!



ちなみに、ウィーン・フォルクスオーパー、9年ぶりの来日公演
これは、5月にあるんだけど・・・・。これもめちゃくちゃいきたい!
こちらは「こうもり」がみたい!
なんといってもお気楽なあのストーリーが好き。
最後は、とりあえずみんな飲んで忘れてしまえ~~!
みたいな勢いで終わってしまうお気楽さ・・・・。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/24(水)
最近、フルートの練習時間・・・・、少なくなっているな。
特になぜという理由はないのだけど。

なにかほかの事に気がふわふわふわ~っと。
さすがに、先週のゴールウェイのリサイタルの後は、
よし!あんな風に吹けるようにがんばろう!って気合がはいったけど。
それも長続きせず・・・・。

なんでかな~、なんていろいろ考えてみると。
やっぱり目先の目標がない!ってことなのでは???と。

目標がない!っていうと、ちょっと違うんだけど・・・。
自分の目指すところは、もちろんあるけれど。
それは果てしなく遠い道のり。
それを歩むためには、まずは小さな小さな目標におきかえて・・・。
しかも、抽象的な目標だと自分が成果を評価できないから。
例えば、いい音が出したい!って。
でも、いい音ってどんな音?
まずは、それを具体的な言葉に、「見える化」が必要。

そんなとき、やっぱり人前で吹こうと決めると、
自分のあっ、ここをどうにかしなきゃとか、
こんな風に吹きたいとか。。。。そういうことを一生懸命考えて
練習するようになるのかも。

ってこれは、私の場合・・・・。

そんなこんなで、ちょっぴりだれ気味にフルート吹いてます。
ただ・・・、アルテを使うようになってから、音のひとつひとつを、
きちんと出そう!ってことだけには気を使って練習してます。

それだけでも、いいかな~。なんてね。

きなが~に歩いていけばよいのさぁ!!


≫≫≫

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/18(木)
サー・ジェイムズ・ゴールウェイフルート・リサイタル

2007年10月17日(水)19:00~
サントリーホール

W.A.モーツァルト  ソナタ ヘ長調 K.376
プロコフィエフ    ソナタ ニ長調 op.94

バッツィーニ   妖精の踊り op.25
サン=サーンス 歌劇「アスカニオ」より 舞曲(アダージョと変奏)
ラヴェル      ハバネラ形式による小品
ゴダール     3つの小品による組曲 op.116
ドップラー    アンダンテとロンド(2本のフルートとピアノのための) op.25
シャミナード   コンチェルティーノ op.107


フルート:サー・ジェイムズ・ゴールウェイ
フルート:レディ・ジニー・ゴールウェイ
ピアノ:フィリップ・モル


楽しみにしていた、ゴールウェイのリサイタル。
フルートを持った女子高生?、大学生?、女性の多いこと・・・。
いつものサントリーホールの演奏会より、客席も華やいだピチピチした香りが・・・。

それにしても、同じフルートなんだろうか?と思うくらい、
ゴールウェイのフルートの音色は豊かで華やかで、あたたかく、ときに鋭く。
曲の雰囲気に合わせて音色のイメージも違うのです。
なめらかな指使いに、しなやかな体。
どこにも余分な力は入っていません。
アクセントの部分は、ちょっぴり前に出した左足に体重がかけられている
ようでした。
ブレスをするときの、おなかのふくらみ具合とか、そんなことまでじっくり観察。
技巧的なフレーズもいとも簡単に吹いてしまうから、しかもそれが難しくなさそうに、
軽々、あっさり魅せてくれます。
すでにフルートが、ゴールウェイの体の一部になっているのですね。

ゴールウェイ夫婦によるデュオも、これまたステキ。
夫婦であれだけ吹けたら楽しいような・・・。
どうなんだろう?
お互いの音楽観の相違でケンカしたりするのかな?なんて思ってみたり。
それにしても、会話しているようなフレーズのやりとりは自然に感じます。
ドレスもゴールドのステキなドレスだったなぁ~。

あっ、という間の2時間。
ゴールウェイと時間を共有できたことに、また喜びが・・・。
それにしても、フルートの音色が心地よかったな。



モーツァルトは、座席の位置のせいか、ちょっとピアノがわずらわしく感じたけど・・・。
そのあとは、ゴールウェイのフルートの世界にどっぷり浸ってきた。












[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/15(月)
日本フィルハーモニー交響楽団
第317回名曲コンサート

2007年10月14日(日)14:00~
サントリーホール

チャイコフスキー:バレエ組曲《眠りの森の美女》
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第三番 ホ長調

ショスタコーヴィチ:交響曲第五番 ニ短調《革命》

指揮:アレクサンドル・ラザレフ
ピアノ:小山実稚恵

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団


久しぶりのオケ。
合唱団で招待券もらっちゃった、ラッキー。
指揮者は来年から、日フィルの首席指揮者を努める、
アレクサンドル・ラザレフ氏。
上半身がっしりしている割に、脚がスラッと細いので、
なんだか体のバランスが・・・・・。
とそんなことが気になってしまったが。
とってもおちゃめなおじさま。

バレエ組曲《眠りの森の美女》
ハープの音色が美しい。
今度はバレエと一緒に聴きたいな~。

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第三番。
チャイコフスキーのピアノ協奏曲って、一番が印象的だけど・・・・。
三番って???
なんか印象ないな~、というか聴いたことないかも。
なんて思いながら聴いていたらすっかり夢の中。
ありゃりゃ、終わっちまったよ。
プログラムを読み返してみると、
やはり演奏会でもピアノ協奏曲第三番は演奏されないらしい。
ピアニストの小山さん自身も今回がはじめての演奏なのだそう。
えっ、そんな貴重な機会を・・・・。
夢の中で過ごしてしまって・・・、残念。

ショスタコーヴィチは、かっちょよかったな~。

そんなわけで、ひさしぶりのオケの演奏。。。堪能してきた。


サントリーホールは、もっと大々的に改装したのかと思ったけど・・・・。
そんなに変わっていなかったなぁ~。












[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/10(水)
来週は、まちにまったゴールウェイのリサイタル!
っていうか、半分すっかり忘れてた。
改装工事が終了したばかりのサントリーホールにて。

久しぶりの演奏会。
な~に着て行こうかな?

なんてことをいろいろ考えながら、
ゴールウェイのCD聴いてます。

はぁ~、私もいつかフルートでこんな音が出せたらな~~~。
少しでもゴールウェイの音に近づけたらな~~~。
そんなこんなで、フルートの練習しています。
でも・・・・、全然違うんだよね~。

リサイタルは、しっかりフルート聴いてこよっと♪


ゴールウェイのCDをチェック

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/08(月)
きょうは、私の通っている楽器屋さんのおとな部門の発表会。
題して、おとなのはれ舞台。
昨年は、演奏者として出演したのだけど。
今年は聴き手として参加。

本日のプログラムは、フルートオカリナ、ピアノにギター。
さまざまな演奏をさまざまな年代の人が演奏します。
いちおう、”おとな”というタイトルがついているくらいなので、
おこちゃまたちは参加していません。

演奏者ひとりひとりが、楽しんで演奏していて、
音楽って楽しいよね~という雰囲気。
特に、オカリナの音色にはこころ惹かれます。

そして、おそらく毎日毎日進化している、
高校生になった未来のフルーティスト。
今回は、モーツァルトのコンチェルト。
同じの教室で同じ先生に学ぶものとしては、
ふれ~ふれ~と応援したくなってしまうのです。
とても生き生きとしたモーツァルトでした。

先生たちによる、アンサンブルはウェストサイドストーリーのメドレーで。
これもまた楽しい演奏で、聴いている私も思わず体がリズムに合わせて、
動いてしまいます。うきうきするような演奏でした。
たぶん、演奏している先生たちも楽しかったんじゃないかな?
そんな気持ちが伝わってきます。

三連休の最終日・・・・。
あっ、そういえばお休み中、一度もフルート吹いていなかった、と・・・。
聴きながら気がつきました。
私もおうち帰ったらフルート吹きたいって・・・・。
そう思って帰途につきましたが、やっぱりきょうも練習はお休み。

明日は、フルート練習するぞ!




フルートひょろろ~♪のTOPへ





[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007/10/03(水)
最近、非常に気になる曲がある。

それは、近所のスーパーのハム・ソーセージ等の肉加工食品売場から、
聴こえてくる。

♪ハム、ソーセージた~べたいなぁ~、ハムソーセイ(星?)発見?
おいしそ~♪(????)

こんな感じの歌。


スーパーを後にしても、頭からこびりついて離れず。
いまもこうしてブログを書いている間、この歌が頭の中を駆け巡る。
フルートの練習中も、もちろん!!

なんだ~?この歌は!!

もしこの歌の情報お持ちの方、いらっしゃれば是非教えてくださいませませ~。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。