2006年10月

2006年10月 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/31(火)
電車の中、となりに座っているサラリーマンらしき風情の
人の読んでいるものに目が止まった。
ぬぬぬ・・・、まさかそれは・・・のだめカンタービレ

とっても真剣に読んでいたな~。
マンガとかにあんまり興味なさそげな人だったけど。
そんなに人を夢中にさせるのだめカンタービレ、おそるべし。

私もとなりでしっかりのぞき見していましたけどね。

車中楽しませていただきました、ありがと~~♪






スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/29(日)
ムラマツからCDが届いてた。
思った以上に早くつきました。

先日の発表会で演奏した曲と今度のクリスマスで演奏する曲が
はいっているCDです。

伴奏合わせのときの自分の演奏と比較してみると、
私の演奏はさびしいくらいに曲に表情がない。

次回に演奏する曲は、全然メロディーが違うんだけど
CD聴いたときにショパンの子犬のワルツのイメージが
頭に浮かんできました。
コロコロっと戯れているみたいなイメージ。

楽譜にはいろんな表現がでてくるので、それが吹き分けられると
曲がCDのように生き生きとして聴こえてくるのでしょうね。

がんばろっと。


JOACHIM ANDERSEN Works for Flute & Piano
Flute Thomas Jensen
Piano Frode Stengaard

Works for Flute & Piano


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/29(日)
昨日はお食事とお酒を楽しみながら、先生の演奏を聞いてきました。

先生の演奏聴きながら、門下生同士わいわいと楽しいおしゃべりを
満喫です。

先生はいつものゴールドが入院中とのことで、シルバーのフルート。
とってもまろやかな音色でギターとぴったり。
ゴールドもステキですが、シルバーもよいです。

が、先生のシルバーは私の使用しているのと同じモデルのもの。
えっ、私のフルートもこういう音がでるってこと?
う~~~ん。まだまだ修行が足らんな・・・。




[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/27(金)
さすが!ヤマハです、感動です。

こういうのを見ているとふむふむと思っていると、
ゲッ、もうこんな時間。仕事してないじゃん!ってことに
なってしまう。

鳴るほど♪楽器解体全書。
アニメーション付きの説明でおもしろい、というか飽きない。
最初にみつけた、トランペットのページ。
指使いと音の通り道というのには、パチパチ
ぷぅーっと管の中をただ通り過ぎているのではないようです。
音によって複雑にいろんなところを通っているのがよくわかります。

こういうのを知っているとまた楽しみが増えるよね。

さて、フルートどうなっているのかな?

っていうか仕事しなきゃ。





[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/27(金)
20061027103529
歌にはトリルや装飾音符っないものだと思っていた。
しかし、これは間違え。
声楽の先生曰く、歌はそんなのばっかりよ~、だそうです。
フルートでもトリルに小さい音符やなみなみしたものに悩まされいるのに歌までもかぁ~。

歌で練習してる曲『うつろの心』。
フルートにもこれの変奏曲があります。『うつろの心』の主題による変奏曲。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/26(木)
発表会が終わって、何日もたっていないんだけど。
すご~~く昔の出来事のよう。

さて、水曜日はメサイアの練習。
いま私の中で一番練習しなくてはいけないのは
おそらくこれだろう!これ一番最悪。
全然歌えない・・・、というか音がとれてないし。
前後左右のみなさんを巻き込みながら、
すばらし音程を披露してまわりを翻弄させている。

そんななかで、昨日の練習では、憧れのコロラトゥーラに挑戦。
コロラトゥーラは技巧的な装飾音符で書かれたもののことを
呼ぶのだそうです。先生が教えてくれました。
私は、ソプラノ歌手の歌のテクニックのひとつのことかと思っていた。
だから、アルトのパートでもHHHHHHHHHってコロラトゥーラ。

音はちゃんととれていないけど、楽しいよぉ~。

メサイアの合唱指導の先生のお知り合いの合唱団が、サントリーホールで
来月メサイア歌うのです。
行ってみようかな~。




[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/23(月)
ソロとフルート2本とピアノのアンサンブル。

ソロはまたまたアンデルセン。
5つのやさしい小品 作品56より
Aus Vergangenen Zeiten (過ぎし日々より)

これは、16分音符がずっとずっと最初から最後まで
ありつづける。そしてホッと一息つけるようなお休みがなくて
一気に最後まで走りつづけなければならない。
スラーとスタッカートのオンパレード。
それに強弱記号と装飾音符まで。
唯一の救いは、そんなに指の動きにムリがないこと。
ゆっくり1つ1つこなせばこれはなんとかなりそう。

どちらかというと歌いこむというよりは体力勝負!みたいな曲かな。

でもこの曲吹き終わったあとの自分のいるところは、
絶対にひとやま超えていると思うんだよね。
だから、そのあとの自分に会えるのがとっても楽しみ♪

そして、デュオ。
フルート2本とピアノでケーラーの花のワルツ。
前回のデュオとは比べものにならないくらい、難しいかも。
楽譜そのものは、真っ黒い楽譜ではないのだけど。
1stと2ndとピアノとのメロディーのやりとりがうまくいかないとね。
この曲は、以前ヴァイオリンとフルートとピアノの組み合わせで
聴いた。
私はとってもかわいらしい曲だと思っている。
自分のパートはきっちりと練習しておかないと音楽を台無しにしてしまうから、ソロにはないプレッシャーを感じます。
この曲では2ndを担当♪
音色、音量などもあわせていかないとね。
そうそう、ヴィヴラートの波長を合わせることもポイントだ
そうです。

今日はゆっくりなテンポでさらってみた。
これからどうなるか・・・、楽しみ[、うふっemoji:v-238]

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/23(月)
そう、1つだけ心残りな失敗が・・・

プログラムと一緒に配られた、出演者のコメント。
ワープロ打ちしてくれるんだろうな~と
仕事用の字でさらさら~と書いてしまった。

そしたら、なんとそのまま印刷されている!
え~ん、それならそうといってくれればキチンとした字を書くのに。
いくらなんでも、略字は使いませんよ~。

紙は形が残るじゃないですか~、ひどい

どんなときも気を抜くなってことですね。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/22(日)
発表会、無事に終わった。
舞台はとっても気持ちよかったな。
ちょっと出番を待つ間は微妙に緊張。
あ~、落ち着かないって。

舞台にあがってしまえば、あとは自分の世界に浸って演奏するだけ。
ピアノの音に身を任せて・・・2曲目、ピアノのメロディが聞こえて
きた瞬間、『あっ、遅い』と心の中でつぶやいたつもりだったのだけど。
声になっていた?あとで先生から、指摘されました、あれれ?
テンポはそれでもあまり気にならなかったし、気持ちよ~~く
フルート吹けた。
ただ・・・、自分の演奏であちゃ~~って気になる部分は、
いくつかあったけど。
さてさて、私の演奏は聴衆のみなさまの心に届いたのかな?

他の方の演奏はどのプログラムも、音楽が楽しい、演奏するのが楽しいと
いうのが伝わってきた。
みんな今日、一番の演奏をしようと思って練習してきたのだろうな。
7月の発表会とは違う、微笑ましいほんわかとした雰囲気。
私もそんな舞台に立てて幸せ!

なんだか、いろんな幸せがギュッといっぱいつまっていた
一日でした。

さて、この気分に浸っていられるのもきょうまで。
あしたからは、クリスマス発表会にむけてフルートの練習再開。
気合を入れて練習しないと、仕上がらないぞぉ~!

ここで立ち止まっているわけにはいかないのです♪

ファイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/21(土)
あしたかぁ・・・・。

本番前、最後のレッスン。
あしたのことについてお話があったけど。
なんだかだいぶ7月の発表会とは雰囲気が違うみたい。
7月のときのほうが、『演奏会』しているのかも。

前の演奏者が終わったら、客席からスタスタでていく。
7月はステージそでからの登場だったけど。
で、司会者が演奏者についての紹介を読んでいる間に、
演奏者はピアノとの音合わせ、譜面台のセッティング。
それらが終わったらおじぎをして演奏開始・・・。

うん、よしよし。復習完了。

どちらかというと、和気あいあいといった中で
演奏を披露するような雰囲気のよう。
なるほどね。

まっ、いずれにしても自分の演奏をするだけだし。

そして、今回もうひとつの楽しみは。
ぴろぴろっとしたワンピース

当初はジーンズで・・・と思っていたのだけどね。
友人知人にう~~んとうなられてしまった。
やはりちょっと普段と違う格好がよいんじゃないかとの、
アドバイス。
ほんじゃあ、フリフリっての着たことないから
着てみよっかな~。
で、かなりドキドキ♪

わたしなりにいろいろな楽しみのある演奏会になりそう

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/20(金)
画像の中の作曲家名を当ててプレゼントをもらおう!
正解者の中から抽選でプレゼントもらえるみたいだよん。

クイズをみてみる


来年のテーマは『民族のハーモニー』

私、チャイコフスキーの胸がキュぅー――っとなる音楽が好きです。

来年の熱狂の日音楽祭が楽しみ♪

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Bee

2006/10/19(木)
最近すごくすごく気になっている人。

神奈川フィルハーモニーのコンサートマスター、石田泰尚さんです。
独特の世界、オーラが渦巻いているというか。
ぜひぜひ、神奈川フィルハーモニーの演奏会に行きたい!と
思いつつ・・・。

そしたら、ピアノの及川浩治さんとチェロの石川祐支(札幌交響楽団)
さんでトリオ組んで演奏活動しているということだったので、
これは絶対に行きたい!!!と思っていたら。
9月だったかな?演奏会のチケット全て完売だって。

そうなると、余計に行きたくなるもので・・・・・・。

で、みつけてしまいました。
次回の演奏会。

しかも東京芸術劇場。これはチェックだわ~。



『Bee’S 3大協奏曲 2007』
2007年3月6日(火)19:00~
東京芸術劇場

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調op.64
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調op.104
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番ハ短調 op.18

指揮:現田茂夫 管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

10月28日発売



クラシックチケットなら@電子チケットぴあ


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/19(木)
あ~~、やってしまいましたね、伴奏合わせ。
本番・・・・、同じ間違えしなうように。
『ゥン』のお休みを意識しないと。

音だしてしまうと音をひっこめることができないから
出てしまったものはどうしようもない。
とりあえず、あわせられるところから立ち直ることは
できたから。
休符を抜かしてしまっても、立ち直れる練習をしたということで。
ピアノの伴奏をしてくださる先生にもお休みし忘れる状況もありえると
いうことは伝えたし。

これはこれでよしとしましょう♪

あ~こわいな・・・本番。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/17(火)
第九の練習のとき、合唱指導の先生が
どんなに気持ちが昂ぶっていてもどこかに冷静な自分を忘れずに
持っていることというのを強調していた。
緊張感と興奮で気分が盛り上がって、
注意しなければならないところをすっかり忘れて
音楽を台無しにするなと。

これは歌に限らず、フルートでも・・・。
よ~~く頭に刻み込んでおかないとね♪

冷静に、冷静に、冷静に、冷静に・・・。





仕事の打合せしてフルートの伴奏合わせ、そのあとはメサイアの合唱練習。
あしたも盛りだくさんな一日になりそうだ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/16(月)
今日は午後から合唱の練習。
午前中にバタバタと慌しくフルートとの練習して、バタバタと
合唱の準備をしておでかけ。
約三時間半、立ちっぱなしでの合唱の練習。
歌っているときはあんまり感じないけど、練習からの
帰り道はどっと疲れがでてくる。
なんだかねぇ~。

しかし、第九の本番は第一楽章から舞台にはいるみたい。
それってきつくない?体力つけとかないと倒れそう。
もちろん座っていられると思うけど。
だからこれくらいでめげてちゃまだまだなんだわ~。

あしたは・・・・、フルートの練習しよっと。
水曜日は伴奏合わせ♪

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/15(日)
さあ、来週の本番に向けてラストスパート。
演奏が終わったあとに、楽しかった~♪と言えるために。

それは最初の音に全て託されている。
これがちゃんといい音でプッとでればきっとうまくいくはず。
でもこれはずしたら、ガガ―――ンンンン。
どこで気持ちを切り替えようか。

そんなことも考えながら、最後の一週間をすごしましょ。
おっと、おじぎの練習もしておかないとね。
最初と最後、きっちり決めないとね♪

あ~~、ドキドキ♪

これは、いい意味での緊張感。

さて、たのしみだなぁ、ひょろろ~。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/14(土)
20061014221546
テノール:錦織健。
ほんとに一緒の舞台に立てるのね。
ほにょ~楽しみ└|∵|┐♪┌|∵|┘

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/14(土)
20061014030157
こんな立派なパンフレットができてました~。
こだいら合唱団員としては、ますますはりきっていかねば~。
だけど、かなりあやしげにごまかしながら歌ってます。
大丈夫かな( ̄○ ̄;)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/09(月)
発表会の曲のタイトルは『秋の歌』と『バルコニーの下で』

秋の歌って、ちょ~どこれからの季節っぽい。
で、どんな秋をイメージしながら吹こうかな?
秋と言われて、私がぱっと思いついたのは神宮のいちょう並木。
黄色にそまったいちょうの葉っぱが道に落ちている。
実際、この時期に神宮のいちょう並木行ったことないんだけどね。
ちょっと、銀杏くさそう?
できれば・・・、感傷的にもの悲しい雰囲気でフルート吹きたいんだけど。

ただいま、かなり元気ハツラツ!な仕上がりとなっております。

さてもう一曲のバルコニーの下で。
バルコニーという言葉でパッと思い浮かぶものが、
『お~ロミオ、ロミオ、あなたはどうしてロミオなの?』
そう、ロミオとジュリエット。
ロミオとジュリエットといえばCMでも流れている、
プロコフィエフの『ロメオとジュリエット』
私、この曲好き。

で、一体どんなことがバルコニーの下であったのだろうか?
そんなことをフルート吹きながら考えてみているんだけど。
バルコニーの下であったこと、ものそんなものが伝わるような
演奏ができたら、私ってすごいと思う♪






[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/09(月)
シャロン・ベザリ―のフルート協奏曲集というのがあったので
思わず買ってしまった。
へぇ~、モーツァルト吹くんだぁ・・・・。
なんとなくそんなイメージがなかったし。
それに、お値段もお手頃価格だったんだもん。

カデンツァはカレヴィ・アホが彼女のために作曲したそうです。
いままで聴いてきたモーツァルトのフルート協奏曲とは
まるっきりべつのもの。シャロン・ベザリーの世界!です。
私もこんな風に吹けるようになりたいですねぇ~。
いちおう、フルートは私も彼女と同じムラマツなんだけどね・・・。



Mozart: Flute Concertos; Rondo; Andante [Includes the Bis 2005 Catalog] [Hybrid SACD]




[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/08(日)
楽器屋さんでフルート持っていって見てもらった。
真中のミからレあたりの音が出にくい気がして。
で、朝一番で行ったつもりだったのに・・・。
もうすでに修理待ちのフルートがいるとのこと。
今日中に終わるとのことだったので、
3時間ばかり新宿の街をふらふらら~。

調整してもらってめちゃめちゃいい音になったりして~
なんてあわ~い思いを抱いてフルート吹いてみたけど。
いつもと同じ音だった。
ただ・・・、気になっていた真中のミ~レはそんなに
変わっていない。
もしかして吹き方がへん?ちょっと鏡とにらめっこしながら
吹き方をチェック。
このあたりの音がよいかもというきっかけはみつかったから
吹き方のせいだったのかも。
調整後に変化があったのは高いファから上の音。
かる~く音がでるじゃん。きのうのレッスンで要練習!の部分も
ラクラククリア。
あとはフルートが少しばかりピカピカになって返ってきた。
その分、軽くなった気がしないでもないのだけど。


とりあえず、これで今度の発表会の準備はだいたい完了。
あとは曲を完成させることのみ♪




[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/08(日)
20061008003331
『はれ舞台』になるとよいのだけど…。

晴れ舞台とは、
大勢の前で何かをする名誉な場面〈大辞林〉

└|∵|┐♪┌|∵|┘

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/07(土)
10月の発表会のプログラムをGET。
まだまだだなぁ~と思っていたけど。
もうすぐみたい。

曲の仕上がり具合は・・・、不安な部分がいっぱい。
まず、お休み。
♪ゥン、パララ~、ゥンパララ~のゥンのお休みが
どっかにいってしまうのですね。
まずいです。いちおう、数えているつもりなんですけどね。
123456、123456、12345、123・・あれれ?

指使い、これはひとつひとつゆっくりからスピードアップして
いくしかないでしょう。

そんなに長い曲ではないけれど、まだまだ練習するところ
がいっぱいあるなぁ~。

すこしばかりあせってきた。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/05(木)
このブログの広告に、ウィーンでの演奏会チケット予約って
いうのがあるんだけど・・・。
すごく気になる、っていうか・・・・行きたい。

オペラ座でオペラみたり、楽友協会のホールで演奏聞いて、
公園の一角にあるホールでワルツ聞いたり。
ホテルの前では誰かがなにかをいつも演奏していたり。
とにかく、音符が街中を飛んでいる。

美術館巡りもしたいし、ワインも飲みたい。
街角でウィンナーの中にとろ~りとろけるチーズ入の
ホットドックも食べたい。
チョコバナナは胃がもたれた。
シェーンブルン宮殿でベルばらの時代を感じたい。

ウィーン・・・・また行きたいな。






[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/03(火)
タファネル=ゴーベールの7番。
発表会の曲ではシャープが2つくっつくから
おんなじようにシャープ2つで7番を吹いてみた。

発見!というようなたいしたことではないのだけど、
きっと同じような指の動きをするのだろうし、
曲を吹くときにもなめらかに指が回るんじゃないだろうかと・・・、
ひらめいた瞬間、大発見したような気分だった。

もしかしたら、そんな練習方法で当たり前!なのかもしれないけど。

今日はフラットを3つで吹いてみようとか、シャープ1つで吹いてみよう
よりかは、曲がシャープ2つついているからシャープ2つね!の
ほうが目標が定まっていて、ただ無意識に選択するよりほんのちょっぴり
上達しそうな気がするんだけど・・・・そんなことないかな?

まあいいや。とりあえず私はそんなんで練習してますわぁ~♪

≫≫≫

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/10/01(日)
錦織健プロデュースオペラ Vol3

モーツァルト 歌劇『ドンジョヴァンニ』全ニ幕

18年9月30日(土)

東京文化会館


何を着ていこうかとか、ストーリーと曲のおさらいなどなど
してオペラの幕があがるまでの時間もいっぱい楽しめた。
あっという間の、2幕。
音楽がすーーーっと私の中を通り過ぎて行ってしまった。
そのあとに残されたのは、疲労感。

さてさて、一日たってよ~~くストーリーを思い出してみると、
なんなんだ!という不思議感たっぷり。
だいたいこの、ドン・ジョヴァンニという男。
かなりの女好き。かなり以上、そうとうの女好き。
両手両足は一夜の女の数。
ここまでくればすばらしい!
もちろん、それなりの体力は必要だし頭だってよくないといけないだろう。
泣かされた女がうらみつらみを言ったところで、そういう男についていって
しまった女が悪いんじゃないだろうか?
それを裏切られたのなんだのと・・・・。
父親を殺されてしまった、ドン・アンナが抱く復讐はわかるけど・・・。

結局、最後は改心しなさいということを迫られるのだけど、
本人はやだやだといって改心しないもんだから地獄に落とされる。
そしたら、あんなに大騒ぎしていた人たちは、ほんじゃ、私はこれから
こう生きるわ!みたいなことを宣言して幕。
う~~~ん。

たぶん・・・・、あんまり難しくストーリーを考えて観てはいけないのかも。

観終わってから、この作品もモーツァルト。
『フルートとハープ~』のような作品もモーツァルト。
同じ人の作品なんだよねぇ~~~と自分自身に確認してみた。



≫≫≫

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。