2006年03月

2006年03月 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/28(火)
どうにも指がなかなかついてきてくれないなぁ・・・。

フルートをはじめるにあたって、一番不安だったのがこの『指』
フルートって真っ黒い楽譜が比較的多いでしょ。
指を強化しないことには・・・・。

やっぱり毎日の日課練習としてタファネル=ゴーベールは必須。
で、いまは7番目を練習中。
そして、これにトリルの練習も加わった。
う~ん、いつかはタラリラタラリラ~音が流れるように指も回ってくれるのかな?

あ"~~、しかし音もヘン!

と、ほんと最近課題がテンコ盛り。

そんなわけで、更新ご無沙汰気味ですが、じみぃ~にやってるっす♪



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/22(水)
お仕事が増えるというのは、会社としては非常にありがたいことなのだけど、そのためにフルートの練習時間が減りつつある。

どうにかやりくりして、毎日の練習はしているけど。
フルート吹き始めて一時間くらいすると気分が乗ってくる。
だいたいそのあたりが9時過ぎ・・・。
そうするとお仕事の電話、メールがじゃんじゃかくるわけ。

きょうも乗ってきたところで『ハイ!終り・・・』
もう少しフルート吹きたいな・・・。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/16(木)
7月の発表会はただ吹けばいいや・・・なんてところから少し
脱皮してよりそれらしくお勉強もしながら取組んでいきたいな、
と思っておりまするぅ~。

で、シチリアといえば何を連想する?

と問いかけてでてきたのは、


マフィア


私、マフィア系映画大好き、というかゴッドファーザー大好き。
シチリアといえばイタリア系マフィアを思い出すわけですよ。

う~ん、シチリアーノのメロディとはかなりかけ離れているような・・・。

シチリア観光ガイドみたいなWeb見ていたらとっても行きたくなりました。

旅行のクチコミサイト フォートラベル

ということで、もうすこしシチリアなイメージを広げていきたいと思います!







[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/14(火)
日課練習ってやっぱり日々、練習しろ!ってことですかね。
タファネル=ゴーベール・・・。

ようやく、♪=125くらいがサラサラっと吹けるようになっていたのですが、
ここんとこすっかりサボってました。
今日、ひさびさに練習したら♪=110でもなんだかおぼつかない状況。
ひぃ~~い。

がんばるっす



[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/13(月)
ぷんぷんぷん!

錦織健がでているのに、歌っているのになんでフィギアスケートの映像が
でてきちゃうのよぉ~。
歌っている姿がみたいのにぃ~~。
せっかく、先週から楽しみでわくわくだったのに。
もう、ぷんぷんぷん!

しかし、ひさしぶりぶりの錦織健!
やっぱりいいですわぁ~。じゅる~~っ。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/13(月)
7月の発表会の曲はフォーレのシチリアーノ。

なぜこれかって?
12月の発表会前。レッスンを待っているときに
聞いたあのシチリアーノが影響大。
そのときから、なんとなく心の隅っこで決まっていたのかも。
平たく言えば、『中学生に吹けて私に吹けないわけがない』と
まぁ~メラメラと燃えるものが。

ほんとにすごく美しく吹きこなしていたので、素晴らしい!の
一言に尽きるわけだけど。それがまた中学生というから先が楽しみですね。

そんなわけで、これ!って決めたんだけど。
これが吹いてみると、上手くふけると気持ちよさげ・・・・。
というか、歌えるというか、乗りやすいというか。
気持ちをこめやすい曲だと思われる。

妖精の踊りもアルルも、あれ~~~っとバタバタしているうちに
終わってしまった感じがあるので、この曲はじっくりと丁寧に取組んで
いきたいと思う。

とにかく、ひとつひとつの音を丁寧に。
そして、フルート吹くことだけでなくピアノの伴奏であったり、
曲のイメージであったり背景であったり。そんなことも気を配って
曲を完成させたいなぁ~~。


とはいっても、いまもしかしたらかなり不調スパイラルに陥っているかも。
吹く音ひとつひとつが気に入らない。
なんかフルートになんかつまっているのかな?と思うくらい
音がモワモワしています。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/06(月)
今週末、ちょっとした仕事の集まりで飲みに行く予定。
場所が知っている人の行きつけのスナック。
あ~あ、たぶんカラオケなんだろうな。

私、カラオケ苦手です。
歌え歌えと言われてねぇ~。
おそらく土曜日もそういう展開になるんだろうな・・・。

ということで、ちょっとひらめいてしまったのが『フルート』

フルートを持っていってお披露目しとく?って。
ちょっと恥ずかしいが、人前で吹くのもこれまた度胸がついてよいのでは?
まぁ~だれも聞いていないだろうし・・・・。
練習のつもりでね♪

ほんじゃぁ、なにを吹こうかな。
そこそこ知られている曲でサクサク吹ける曲。
なかなか難しいな・・・。

そういえば、最初のころイエスタディワンスモア、やったな。
これなら、たいがいの人は知っているし。
なんとなく吹けるかもしれない。

早速、あした練習しとこっと♪

こんなときのためにもう少しレパートリー増やしておいたほうがよいかもな。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/05(日)
音がヘン!
きのうまではそれなりにイイ感じだったのに。
本日の練習では、あれれれ~と思うくらい、音がひっくりかえる。
なんか微妙に唇がへんな気がする。う~ん、なぜ?







[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/04(土)
入院中のクラリネットが帰って来ました。
吹いてみようかやめようか・・・・。
ここでクラリネット吹いてフルートに影響したらやだなぁ~なんて
思いがあったのですが。

たま~に吹いてみるとこれはこれでよいものです。
すっかり運指は忘れていました。というかフルートの
指づかいで吹いてたりしてね。

そうそう、クラリネットのほうが比較的というか構造的になのかな?
のどをあけることが自然にできるかも。
マウスピースをくわえるという動作で口の中が大きくあくような気がする。
このあとフルートに持ち替えて吹いてみるとやっぱり意識しないと
口の中の空間はそんなに広くないような感じがするな。

また、息の流れが自然と下にいくのでなんとなく音の流れも自然なような
感じがしなくもない。

このあとフルートの練習に移っていたのだけど。
唇の感覚がちょっと違う、クラリネットのほうが負荷がかかっているから
だとおもうのだけど。
フルート吹いた時に唇がかる~く感じられた。
なんだか心もとないというか・・・・。

ということで、長らく一緒にいたクラリネットさんの旅立ちの日も
近いです。まあ彼にしてみればきっと幸せでしょう。
全然吹いてもらえない人に所有されているより、少しでも吹いてもらえる人のところにいたほうが楽器としての使命を果たせますからね。





[RSS] [Admin] [NewEntry]

2006/03/03(金)
2006年3月1日
国分寺クラスタにて

大聖堂    A・バリオス Gソロ
ソナチネ・メヒカーナ C・ドメニコーニ FL&G
南のソナチネ M・ポンセ Gソロ
ルーマニア民族舞曲 R・バルトーク FL&G
舞踏礼賛 L・ブローウェル Gソロ
二つのアリア F・クレンジャンス FL&G
中世風組曲 M・ドュミャク FL&G
ソナチナ M・トローバ Gソロ
ソナチナ op.205 C・テデスコ

どれもこれもステキな曲ばかり。
特にこれ!と思ったのは二つのアリア。
美しいメロディーです。
それぞれにフルートの違った表情がありました。
『あなた、どちらさま?』って聴きたくなるくらい私の知らない
作曲家ばかり、まっバルトークさんくらいでしょうか、知っている人といえば。
でもとっても新鮮でした。
ほぉ~~としながらフルート聞き入ってしまいまた。

また、音楽を聴いて楽しむのはもちろんのこと、フルート吹いているときの吹き方、立ち方、体の動き方などなど、そういうことまでが気になって聴いていました。

ギターのソロもこれまたよくって。
ギターってたそがれる音ですね。決して大音量ではないのですが、力強さを感じました。とはいえすごく繊細な音だし。

一日の疲れがスッと消えてしまうくらいに、1日の締めくくりとしては
よい時間を過ごせました。

次回も、またあるようなので行きたいと思ってます♪











[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。