2005年06月

2005年06月 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/30(木)
きのうの倍音を出す練習に関連して、きょうは低い音ド、真中のド、高いドとオクターブの
跳躍をしながらロングトーンをしてみた。

ようやくひとつひとつの音の出る位置?というのがなんとなくつかめてきたので、
こんなこともできるのではないかなぁ~?なんて思って試してみた。

曲の中では、音がピョンピョンと飛ぶことがよくあるので、意外と有効な
練習方法なんじゃないかな?

しかし、やってみるとやっぱり・・・・むずかしい。
高い音から低い音にさがるほうがどちらかというと音が安定しない。
ちょっとこれからこんなことも練習メニューにくわえてやってみようかなと思う。

フルートの練習に限らず、練習ってこうでなければいけないってなんとなく思っていたのだけど、
例えばロングトーンしてスケールやって、なにしてあれしてこれしてって。
こうやらなければいけないメニューみたいなものを探していたのだけれど、
練習メニューって自分で組み立てるものなのかもしれないのかな??
これって当たり前なのかもしれないね~。




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/28(火)
おもしろいことをやってみました。
一番下のドの指使いで息のスピードというか角度に変化をつけると
いろんな音が出てくるのです。
いやいや、びっくり。真中のドとソ、もうひとつ上のド?もどきがでてきます。

フルートのレッスンで、シの指でファを出す練習をしてみましょう(確かシの指でファだった
ような・・・)と言われたことがある。
その時は、全然できなかったけどこれがなんと、でた。
でも、先生が吹いていたのはもっと小さい音だったような気がするのだけど
普通に普通の音量で出てきてしまうからなんか違うのかな?

この倍音というもの、もっと他にあるみたいで、今使っている教本にも真中のミの
指でシ、真中のファでドの音をそれぞれ出す練習というのがある。

これができるとなにかよいことあるのかな?

教本には力を抜いて自由に吹き分けられるようにしましょうとなっているのだけど・・・。

まったくおもしろいですね、フルートって。

今日、渋谷のクロサワ楽器に行ってみたけど、フルートの雑誌おいてなかった。
楽器屋さんだから、絶対あると思ったのだけど。かなりショック。
やっぱり、近所の本屋さんでお取り置きしてもらったほうがよいかな?
バンドジャーナルはあるんだけどなぁ~。
ついつい立ち読みしてしまうのよね、懐かしい・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/26(日)
きのう、フルートのレッスンで、何度も指摘された音の始末。
ロングトーンのときもそうだけど、最後の音の終わり方がよろしくない。
音が全部下がって殮終わってしまう。
そこのところを特に注意して練習してみたものの、そんなすぐに直るわけもなく。

先生から穴を小さくしてと言われるのだけど、くちびるがいきなりそんな器用な
動きをするわけでもなく。
穴を小さくするという感覚を体が覚えてもらうまでにはまだまだなが~い
道のりのようだ。

東京、今年一番の暑さだったらしい。
これからの季節、熱中症には気をつけなければいけないのだが、
なんと熱中症って室内でなってしまう人のほうが多いらしい。
部屋の風通しをよくしておくことが重要なのだそうな。

窓閉めきって練習しているから、熱中症にかかる条件をクリアしているわけ。

気をつけよっと。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/25(土)
10時からレッスン。
その前に、おうちでかる~く練習をして。
まだ間に合うだろうと思ってギリギリまで粘ってしまった結果、今年一番の
暑さの中を早足でブリブリ歩くはめに玲嶺
時間ちょうどに間に合って、汗ダラダラ嶺怜しながら楽器を
組み立ててレッスン。

かる~くロングトーンのあと、早速曲の練習。
教本やらなかったからよかった。練習していないし。

最初から全体を一回通して演奏。全然、ボロボロ。
息が続かない、音はでないでもう悲惨。
ソのロングローン部分は、おうちではかなり余裕で吹けるようになっていたのだけど、
いざピアノと合わせてみると、もう2小節吹いたところでギブアップ。
ま・ま・まずい。先生に指摘はされなかったけど・・・・。
というか、ここで指摘して練習してしまうとこの先の部分がまだ
できあがっていないから、あえてしなかったのだろう。

ピアノの音を悪い意味で意識している、とにかく負けてはならぬみたいに、
音を出そうとしている自分が・・・。

で、主に後半部分を見ていただく。
とにかく、『うたう』こと。音をあとから押さないこと、最後の音の始末。
この音の始末が最悪・・・。全部下がってしまう殮殮殮
最後まで支えきれていない。とにかく連連連を意識しなければ。

そして最後に、プレッシャーの一言。
『去年、同じ曲を吹いた生徒さんの演奏にはうっとりしてしまいました。
聞いてもらう人にうっとりさせる曲だから・・・』

はぁ~、どう考えてもこの演奏でうっとりするなんてことは・・・。
あと1ヶ月でどれだけの成長が期待できるのだろうか・・・。
とりあえず、フルートは置いて歌ってみよっと。





[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/25(土)
レッスンの日じゃないですかぁ~。
すっかり忘れていました。
教本、全然練習していない・・・聯

といっても、わざとしていなかったりもするのだけど。
この前のレッスンの時、教本やらなかったし。
ロングトーンしたあと、すぐに曲にいってしまったから。

まあ、いいや。とりあえず、早く寝ないと・・・簾

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/23(木)
タラリラタラリラタラリララ~鍊連の練習ばかりしていたら、
指がつってしまいました。

小指がつらいけど、もっと動きが鈍いのが小指のとなり、えっナニ指だっけ?
この指、かなりどんくさい指聯です、でも確かにあまり使わない指のような気が
しなくもなくもない・・・・。

指の動きは、よく動く日もあれば動かない日もあって、今日はなんか全然動きが
鈍かったけど。
これであきらめずしつこくやっていたら、最後のほうはかなり調子でてきた

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/23(木)
フルートのアクセサリーを探してみた。う~ん、欲しいなぁ~。

さて、練習練習と・・・・。

■□ネックレス
頭部管のあたりのちょこっとピンクがかわいい。

シルバーネックレス/フルート/ピンクトルマリン

シルバーネックレス/フルート/ピンクトルマリン


■□ブローチ
ネコにゃんみたい、ワンコがだったらな~
シルバー&パールブローチ フルート吹き

シルバー&パールブローチ フルート吹き


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/22(水)
050622_1037~001.jpg

譜面台に鏡を置いて唇のチェック。
ちょっと左に移動してみたら、フルートを持っている手が鏡に映っているではないかぁ~。

実は、指の動きを見る用に背の高さにあわせた壁掛け用の、
ちょっと大き目の鏡をさがしていたのです。

いやぁ~、ラッキーというか・・・。
早く譜面台の高さ高くしていればよかったんだな。

そんなんで、指の動きをチェックしながら曲の練習をしてみました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/21(火)
フルート吹いているだけで、かなりの汗怜嶺
かなりな運動量?
窓開けて練習すればよいのかもしれないけれど・・・・。
きっちり閉まっていることを確認してから練習。
余計にあつい・・・。エアコン入れると冷えすぎて、かなり微妙。

さて、今日もいつもと同じメニュー。
そうそう、譜面台に鏡を置いてチェックできるようにしました。
鏡と顔の高さが同じくらいになるように、譜面台をググゥーーっと
ひっぱりだして。
ちょっと譜面台が不安定になっているけど、まあいいか。
そんなんで、練習していると気がついたことが。

なんか、首曲がってる?
フルート構えたときは首がまっすぐになっているけど、
だんだん首にねじれによるしわが・・・・。
かなり首が曲がっているけど、これってよいのかな?


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/19(日)
週末の練習は、家に人がいないとき、もしくは家の中で大音響を響かせているとき、つまり掃除しているときにフルートをひっぱりだして練習しています。
狭いマンション住まいなので、自分の部屋でひょろひょろ~鍊としていると、
リビングでテレビ観ているみなさまにご迷惑かと・・・・。

で、金曜日に『ターミナル』のDVDを借りてきていたのでそれを返しに行ってくださいと、
お願いをして家から出ていただいた。
ちなみに、『ターミナル』。予告編を観る限りではすごく期待していて、おもしろそうって思っていたのだけど・・・。う~ん殮でした。

さて、出て行っていただけた間に練習練習と・・・。

かる~くロングトーンしてすぐに曲の練習。いまひとつ、ロングトーンに集中できない。
そんな自分と格闘しながら、ロングトーン。
曲はタラリラタラリラタラリララ~連鍊と32分音符でかけあがっていく部分を
重点的に練習。ここの中音ド#、レ、ミがコロッコロッと転んでしまうのです。
二つの音をひとかたまりとして繰り返し練習。けっこーこれが、イイ感じ。
毎日じみぃ~にやっていたのだけど、その効果なのかな?
そこそこ指が動いてくれるようにはなってきた。

じゃあ、次はソのロングトーンの部分を練習しよう!と思ったところ、
ガチャガチャガチャとドアの開く音。
これでタイムアップ丹念

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/18(土)
高音がでないときは、下唇(あご)を突き出す感じと言われる。
フルート吹きながら、どうやってあごを突き出すんだ?と言われるたびにハテナがあたまを
ぐるぐる駆け巡る。

フルート吹いていない、ふつーの時ってどうなっているんだろう?って意識して感じてみると
上の歯の内側に下の歯がある。つまりこれって出っ歯ってこと?
無意識でいるとそんな状態になっているから、意識して上の歯と下の歯が同じ位置に
いるように気をつけてみたら、あごがとっても疲れる。というか、あごがはずれそう。
う~~ん、つらいっす蓮

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/16(木)
いつも通り、ロングトーン。そして曲の練習。
苦手部分だけを集中的に。まあ一日やって飛躍的によくなるものでもないからね。
でもやらないよりやっているほうが、飛躍的によくなるんだろうな。

で、今日はCDに合わせてフルート吹いてみました。発表会の曲ね。
ところどころに聞こえてくるフルートの音色と自分の音色の違いに愕然・・・。
まあ、おんなじ音色だったらかなりびっくりだけど。

やっぱり、音にやわらかさがあるというか・・・・。それに比べてガチガチ。
できそこないのポンコツロボット妖精の踊りって感じでしょうか・・・。
なんだかなぁ~。

とりあえず、伴奏にあわせてどのタイミングで出たらよいのかをあわせたかっただけなので。
ポンコツロボット妖精の踊りでも、これでよしとしまひょっと。


【発表会の曲】

妖精の踊り(グルック)
フルート名曲31選

ここのサイトでは『フルート名曲31選』に対応した曲がダウンロードができるみたい。
  ↓
http://rns.nttvisual.com/Smf/0lesson.htm

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/15(水)
フルートの練習もそうだけど、ブログの更新も朝がよいみたいです連

朝は金烈なり囹

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/14(火)
あれ?きょうってフルートの練習したかな?、な~んて思うくらいいろんなことがあったな。

そういえば、朝練習したした。

あまり時間もとれなかったので、ロングトーンと曲の一部を練習。
比較的音はよくでた。

頭部管と胴部管、ジョイントの位置をちょっと変えてみた。
気持ち頭部管を外側に。
で、目印のマニキュアをペタペタ。
そしたらこのマニキュアが、最近使っていないものだからガチガチに固まっていて・・・。
目印つけたのはよいのだけど、それが手についてそれをしらないでフルート持ったものだから
思い切りフルートの左手で支える位置にベチョ。
かなりショック・・・。ゴシゴシしてもとれないし・・・。除光液でとっても大丈夫かな?

曲の練習では、真中のソを3拍4小節+2拍をタイで伸ばしつづける、
おなかがヒクヒクしそうな部分の練習。
ただのばすだけジャン!な~んて甘くみていたらこれがけっこーシンドイ。
クレッシェンド、デクレッシェンドを繰り返してクレッシェンドで次のフレーズへ
つなぐ。
このデクレッシェンドってものがくせもの。
音が弱くなると低い音がボー--ってでてくるし。それを注意しようとすると、
うぅぅぅぅーーーってすごく苦しい音となり・・・・。

ついつい、音符が真っ黒な部分に意識がいきがちだけど、こういう白っぽい音符でも
あなどれない。ということが、わかった。

ますます、悩みは尽きませぬ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/13(月)
フルートの練習しようと楽器を手にした瞬間、
それまで静かだった電話がやたらと鳴り始め・・・・。
あ~~もう說!と集中の糸がプチンと切れてしまった。

こういうイライラ気分練で練習すると音もよい音がでないので、
さら~っとロングトーンして練習終わり。

発表会の曲、CDで伴奏を注意深く聞いてみる。
この前のレッスンで、タイミングが取れないところが2箇所。
かなり危険地帯。発表会当日がこわいですぅ~。
レッスン3回しかないし。どうしましょ怜嶺

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/11(土)
今日は、フルートのレッスン。
いつもより30分ばかり遅れてのスタートだったので、少し音出ししてからレッスンへ。

レッスンでは、まずかる~くロングトーン。
なんかイイ感じで音でてない?

で、ロングトーンのあとは曲の練習へ。
たっぷりと練習できました。
とはいっても、それは30分くらいの練習。
フレーズのひとつひとつを見てもらいところだけど、それはちょっと無理。

全体的に、マッタイラ。フォルテとピアノの変化がなし。
ピアノをもっとピアノにと言われるのだけど、これがかなり音がひっくり返って
しまいそうなので、やさしく吹くのが恐い。
そんなんで、どこを吹いてもフォルテ。
ピアノに張り合おうとしているところもあるかも。

ちょっと苦手なフレーズがピアノの伴奏に引っ張られて、すんなりとフレーズが吹けて
しまったところもある。

ピアノとあわせて練習するのって、下手っぴでもすごくたのしい。
ピアノとフルートの音が重なりあってひとつの音楽ができあがっていく。
たくさんの楽器があるともっともっといいんだけどね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/09(木)
フルートの音がよく出る日、出ない日の波が激しい。
唇に力が入っているのか、摩擦音がひどい。
無理やり息を出して、力で音を出している感じ。
どならないように吹こうとすると、音程が下がってしまう。

これって、おなかの支えがきちんとできていないのかも?

音がでないと、ほんとイライラする。
あ~もう!!って。
イライラしてもなんの解決にもならないことわかっているのだけど・・・。
発表会だってあと1ヶ月後だし。
ど~するんだろう?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/08(水)
週末のレッスンまで練習する時間がとれるかな?
少しのすきま時間でロングトーンだけはやろうと思うけど、教本や曲の練習までは
時間とれそうもない。
深夜・早朝はマンション住人に迷惑だし・・・。

このマンションで『音』には悩まされてきた。
下の階では、ギターを深夜に弾く人がいたり、上の階では深夜・早朝にピアノの
練習している人がいたり。
横の音はあまり聞こえないのだけど、上下の音はとっても響く。
ということは、フルートの練習している音も上下階にはよく響いているわけで。
自分がいままさに近所に迷惑をかけているその当事者であることを忘れてはいけない。

そうすると、練習できる時間てやはり限られてくる。
防音設備があるとよいのだけどね・・・・。

時間をみつけて頭部管だけでも練習しようとは思うけどね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

test

2005/06/07(火)
test

[RSS] [Admin] [NewEntry]

test

2005/06/07(火)
test

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/07(火)
なかなか、自分の思うような音がフルートから出てこなくてイライラ。
特に低音は、ビリビリビリというような地割れのような音。
フルートってこんな音でるんだっけ?みたいな。
あったか~いゆっくりした息を心がけているつもりだけど、
音がすぐにひっくりかえってしまう。
ビブラートを意識すると最高潮に全然だめだめ。
そして、高音・・・。う~ん蓮
次は曲の練習。といってもできない部分を集中的に。
なんだかなめらか~に吹けないし。凸凹凸凹していてあんまり気持ちよいもんじゃない。
ところどころ、音が上がりきれなくてへなちょこな音はでてくるし・・・。

でも、だめなりに時間を忘れて練習していたなぁ~。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/06(月)
なんだか練習に集中できない。
フルート吹こうと思うと電話が鳴ってみたり、宅配がきたり。
すっかりくじけてしまいました。
そういえば、今週末レッスン。
なのに、教本全然やっていないことに気がついた。
ちょっとまずくない?
でも、発表会の練習のほうが大事なんだもん。
というか、課題はビブラート蓮

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/04(土)
今日は、頭部管だけで練習。
ザ・フルートの75号 フルート上達ハンドブックに書かれていることを
ひとつひとつチェックしながら練習してみた。
唇の状態を確認しながら吹いてみた。

しかし、果たしていま吹いているこれがよい状態なのか、その判別ができない。
こういうときにやはり、先生についてもらったほうがより練習の
効果があると思う。
とはいっても、毎日レッスン受けられるわけでもないので、
気がついたところはレッスンの時に先生に聞くことにしよっと。

そんなわけで、きょうはこの頭部管だけの練習に没頭。
頭部管だけでもかなり奥深いかも・・・。

そうそう、頭部管に指を抜いたり差し込んだりして、音の変化させて遊んでみましょう!って、
あるけど私には恐くて試せないよなぁ~

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/03(金)
ロングトーンのみ。
息をフッフッフッフッフッフッとおなかで短く切ってみる。
この練習、かなり疲れる。ちょっとやると、おなかがヒクヒク。
(おなかというよりはもう少し上で)
それでもきれ~なビブラートにはならないし。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2005/06/02(木)
今日はフルートの練習に時間をとることができなかったので、
とりあえずロングトーンだけ。

音はいまひとつ殮気に入らない。
やっぱり、とりあえずという態度で臨んでいたから
それがちゃんと反映された音になっていたような。

あしたも、ロングトーンだけの練習になってしまいそう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。