練習日記

練習日記 に関する記事です。
フルートひょろろ~♪ で気になったもの! リンク集
朝練 フルート 毎日の基礎練習30分 小泉浩/著
うまくなろう!フルート
フルート演奏の秘訣〈上〉
フルート演奏の秘訣〈下〉
音楽(MP3)自動で収集法★完全合法★完全ほったらかし 今日から音楽は無料ダウンロード♪最新曲や名曲もGET♪






--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2010/12/09(木)
音作りのため、毎日のフルート日課練習のメモ。

こんなことに注意しながら音作りしています。

1.集中できる環境で・・・・・。

練習するとき、集中してできるか否かって重要だと思います。
漠然と長時間フルート吹いていてもあまり意味ないような。
楽器からでる音や体の動きに注意できるような集中できる環境を
整えてから。

私の場合、ケータイをそばにおいておくと、集中が途切れるので
ケータイは電源を切るかもしくは別の場所に。

2.中音域のシをふいてみる。

フルートを手に取るとなぜか、中音のシを無意識に吹いてしまいます。
どんな音だった?いつもと違う?
日々の調子を計るバロメータみたいなものでしょうかね。

3.スタッカートでふいてみる。

シの音をスタッカートで。ひとつひとつの音の粒がそろっていて、
輝いているようなイメージをもって。
粒がふわふわしていてもどっしりしていてもだめで。
粒のイメージを明確にイメージできたときはいい感じな気がします。

4.レガートでふいてみる。

シの音をレガート、mfくらいで。
そうすると、気分的に半音階で下降したくなってくるので、
心の赴くままに。一番下のドの音が素敵な音だとうれしくなってしまいますね。
フルートが響いているというか・・・・。

5.中音のシから半音階で一番下のドまで、
ひとつひとつの音をレガートで。①から⑤の強弱をつけて。
 ① mf
 ② p
 ③ f
 ④ p → f
 ⑤ f → p


こんな感じでしょうか。
これだけやると結構時間かかるんです。
集中が途切れると、やっていてもあまり意味がないように感じます。
なので、最近は練習前の環境つくりが重要だと思っています♪

ではでは。

 


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/12/31(木)
フルートのレッスンを受けたいけど、どうやってフルートの先生を探したらよいのか・・・。
悩みますよね。
ピアノ教室だとまだまだ探しやすそうだけど・・・・。
フルートを教えている人はたくさんいそうですが、
習うほうにとって『よい先生』を見つけるのは難しいですよね。

習う側が先生を選ぶことができるといっても、
例えば、知り合いから「あの先生、いいみたいだよ」みたいな口コミ情報多いですよね。
個人レッスンの場合は先生とのマンツーマンになることが多いので、教えてくれた人に
とってはよい先生でも、自分にとっては相性があわなかったり・・・・。
なんてことよくあったりしますよね。
まっ、自分がレッスン受けている先生のこと悪くいうことありえないですし。
なのでそういう主観的な口コミってあまりあてにならないのです。

いまはネットで探したりすることできるし、電話帳なんていうのもありますけど。
または地域のフリーペーパーなんかも利用したり。
それなりにやる気のある先生なら広告しているかも。

でもピアノ教室に比べたら、やっぱり探し難いのが現状でしょうね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/12/19(土)
ピッコロを吹いている人のため用の練習本です。
毎日練習しなければならない基本的な奏法、スケールがコンパクトに
まとまっています。

ピッコロ上達を目指すひとには、オススメです!

コツコツ上達 11/ピッコロのためのデイトレ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/12/19(土)
そういえば、もう一ヶ月近く前になってしまいますが、のだめカンタービレ23巻発売されましたね。

その大人気の『のだめ』に出てくる曲の数々のうち、大人気の曲をフルートとピアノ伴奏に
アレンジした楽譜が発売されました!!
例えば、2台ピアノのためのソナタはフルート、バイオリン、ピアノのトリオにアレンジされています。

フルートで奏でる のだめカンタービレ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/12/18(金)
さて、どんな気持ちでフルートのレッスン受けたらよいか。

私は、フルートでプロになりたい、この曲が吹きたい、こういう音楽が好き、などレッスンを受ける目的を
明確にすることがまず一番だと思います。
私はバロック系が苦手です。最近は少し聞くようになりましたが、積極的に聞きたいとか
吹きたいとは思っていません。
なので、フルートは趣味で楽しくやりたい、超絶技巧の曲は吹けなくてもよい、バロック系はいや!!
という意思表示をしています。
たまに、ここで宣言しちゃうと気持ちが変わったときどうするの?なんて心配したりする
人をみかけますが、この後どうかわるかわからないので、いまの気分でよいのです。
もしそれを指摘されたのなら、そのときはそうだったけど、こういうきっかけで好きになったとか、
そんなこと言ってたよね~ははは(笑)な~んて軽く流せばよいのです。
気持ちなんて、どうにでも変わるんですから。

話をもどして、私は音大を目指すわけではないので、超絶技巧の曲やバロック系が吹けなくても
なんの問題もありません。
趣味なんだから、好きなものを、好きを極めればよいのです。
フルート吹いているのが楽しい!と思えればよいのです。
先生が薦めるから、とそれだけで不本意な練習するより、好きなものを練習したほうが
ずっと楽しくて上達もはやいです。

なので先生とはじっくり自分がフルートでどこを目指したいと思っているのか、
とことん話し合うべきだと思います。
また、それを拒否する先生、先生がやりたいものを強要するのであれば、
その先生ってよい指導者なのかな?とギモンを感じます。


いずれにしても、先生を選ぶ前に、自分自身フルートを吹いてどうしたいのか、どうなりたいのか、
考えてレッスン受けるのが上達への第一歩だと思っています。



みなさん、いかがですか?



[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/12/18(金)
フルートの専門家から講師、音大生も読んでいます。
フルート情報満載のフルート情報専門誌The Flute (ザフルート)。

フルートをはじめたばかりのころ、とにかくうまくなりたくて
手にした1冊。

フルーティストのインタビューなど、練習の参考になること、
ちょっとした上達のコツがあり読んでいるなるほどとうなずくことばかり。

壁を感じたときに、ぱらぱらめくっていると壁を乗り越えるヒントが、
書いてあった、この雑誌読んでフルート吹いている人たくさんいるんだな、
と思うと私もがんばろ!!って励まされたり。
私のフルートライフにはなくてはならない存在です。


The Flute (ザフルート)


PRESIDENT
/~\Fujisan.co.jpへ




[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/05/18(月)
ひさしぶりにフルートを持って、アンサンブルの練習に参加。
やっぱりアンサンブルは楽しいね。
ひとつひとつの音が重なりあって新しい音色ができあがります。

いろんな曲に挑戦したいけど・・・・。
まずは、土台をしっかりしなくちゃ。

日々の練習を怠っていると、こんなに吹けなくなっちゃうんだと
いうのを実感。
まずは、10分も吹いていると疲れてしまいます。
毎日目に見えるくらいの進歩はないけど、練習していればそれだけ積み上げられているもの
あるんですね。
指は全然動かないし・・・・。

少しでも練習しましょ!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/03/25(水)
すごくすごくなが~く更新をお休みしてしまった。
というのも、やることがいっぱいいっぱいある中で、
どれを最優先してやるかということを選択していたから。

おかげさまですっかりフルートとはご縁がなくなってしまった。
さびしい限り・・・・。
とはいえ、春は新生活のスタート。
私にも新しい風が吹いてきそう。

仕事の合間、少しだけ、フルート吹く時間ができるかな。

以前、出演した音楽祭の募集もあったし、
仲間たちの演奏会のCDが送られてきて、
あ~、一緒に吹きたいななんて。





[RSS] [Admin] [NewEntry]

2009/01/08(木)
フルートを手にして、ひょろろろろ~♪
唇から息が出るほんの一瞬の出来事。
まんまる~い息の玉がひゅ~っと吹き口に。
息のかたまりが、今日はこんな風に感じられた。

バラバラバラとしていた、そう静電気でばさばさになってしまったヘアスタイルのような
息のかたまりが、メリットでリンスしたようにしっとりとしたまんまる~い息のかたまり。
なんだかいい感じじゃない?

がむしゃらにやってきたいままでより、余計な力が抜けて、久しぶりに吹く
フルートはほんとに気持ちのよい音がでてくる。
ただし、それも音だけ。
フルート吹くのもトレーニングの一種だなと思うのは、
サボっていればサボっているなりに指、舌の動きが鈍化している。
指に至っては最悪。
スケールなんてゴツゴツの岩山を登って降りて。

まっ、そんな感じで2009年の初吹きフルート



[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/12/27(土)
久しぶりにフルートをケースから出して吹いてみた。
というフレーズがこのところの書き出しの定番になっている気が・・・・。

久しぶりに吹いたフルートは、冷たい。
こんなに冷たかったっけ?

音はふつうにでてきたのだけど、
腱鞘炎がいただけない。

最近、ひどくなっているなぁ~と感じていたけど。
フルートを持つとちょっと違和感が。

腱鞘炎に効く特効薬ってないものだろうか?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/11/16(日)
フルートやめよう!
な~んて書いたら、反響が・・・・。

決してフルート一生やめよう!という気はさらさらない。
とりあえず、いまは細々と続けていこうと思っている。

ただ、いままでのように毎日練習するということは、
モロモロの諸事情でできない。
その『できない』ことにフォーカスされてしまって、
負担を感じていた。
ネガティブな気持ちでいると、精神衛生上よくなし。
それならやめてしまったほうがすっきりするじゃん。
ってことで、やめちゃえ宣言。

でも、やらないって決めちゃったら、気持ちがすごく軽くなって。
ちょっぴり空いた時間にフルート吹いてみようって気になるのが不思議。
できないできないとなげくより、できたことによろこびを感じていたほうが、
楽しいよね。

そんなわけで、ちゃんとフルートは続けています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/09/18(木)
ひさしぶりに楽譜をひっぱりだしてフルート吹いた。

やっぱりね、以前に比べるとリキミがない音というか・・・・。
私はそう感じているのです。
ただ、やはり練習していない分、音をはずしたり、最初からきれいな音で
ぷぅ~と吹けなかったり。指は全然まわらない。

何度かの発表会で、必死に練習した曲でさえ、
まじやばいっすってくらい吹けない。

あ~あ、そんなわけで、フルートを磨くことに専念してみた。
ちょっぴり、キラキラ感を取り戻したかな?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/06/25(水)
フルートの練習!とまではいかないけど、きょうはひさしぶりにフルートを吹いた。

腱鞘炎が日々、悪化しているのか、このところ「書く」という動作にも
痛みが伴うようになってきた。
それでも、とりあえずの日常生活に支障はない。

そんなわけで、フルート吹くのも、特に痛いから吹けん!!ってことは、ない。ふつ~に吹けた。
ただ・・・・、やはり日々の練習を怠ると、顕著にその成果が反映されるのが指の動き。
まったくもって指がついていかない。
いままで、吹けていた速度で、当然スケールは滑らかには吹けず。あちゃちゃちゃちゃ~。
こんなにも指の動きが鈍くなるものか、日々の生活では全然気がつかないことだ。

そんな中、唯一の救いは・・・・「音」。
力みのない音色とでもいうのか、以前のようなカツンカツンとした硬い音ではなく、
やわらかいフルートの音色?、そんな音になっているような気がする。
これは自分がそう思って、練習していない後ろめたさに救いを求めているだけかもしれないが。
ついでに言えば、ビブラートもなんとな~く自然とできているような気が。

このまま、吹かなければもっとよい音色が得られるのだろうか?
いい音で吹こう!と思っていたときは、なかなかできなかったのに。
とても不思議な現象である。

案外、ふっとチカラが抜けたときに希望の光がみえちゃったりするのかも。
なんて、そんなことを思いながらフルートをケースにしまった。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/05/24(土)
ちなみに、ドケルバン病の「ドケルバン」は、ドケルバンさんという人の名前だそうです。
ドケルバンさんがみつけたようですねぇ~。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2008/05/23(金)
ドケルバン病・・・・、またの名を狭窄性腱鞘炎。
そう、正真正銘の腱鞘炎になってしまいました。

親指を広げたりすると、どっすりとした痛みが襲います。
病院に行ってもおそらく「手を使わないようにしてください」って
言われることはわかっていたのだけど・・・・。
この痛みを病院の先生と分かち合いたく、そして診断名を下してもらいたくて
行ってきました。

そして下された診断名が、ドケルバン病、またの名を狭窄性腱鞘炎
正真正銘の腱鞘炎です!とのこと。

腱鞘炎は、短母指伸筋腱、主に親指をのばす働きをする腱と、長母指外転筋腱、主に
親指を広げる働きをする腱、そしてそれらの腱が通るトンネルの腱の鞘である腱鞘。
この腱鞘が親指の使いすぎにより厚くなったり、または腱の表面が傷んだりして、
炎症がおきるそうです。

治療としては、まずは放置プレー。
痛い部分を安静にすること、痛みがひどい場合は副木をあてて固定。
その次には、ステロイド注射により傷みや炎症を抑える。
これでもだめなら、手術だそうです。
手術は10分から15分くらいだそうですが、準備などの時間を含めると
もうちょっとかかるかな~とのこと。
ただ、注射にせよ、手術にせよ、この部分はとても大切な神経の通り道なので、
極力それらの処置はしないほうがよいとのこと。
処置により、万が一それらの神経を痛めてしまう可能性もあるからとのこと。


そんなわけで、腱鞘炎と末永くお付き合いしていこうと思っている次第です、ハイ

フルートはやっぱり当分お休みです・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。